ベッドタイム・ストーリー

「ベッドタイム・ストーリー」を観た。

アダム・サンドラーのコメディ。ガイ・ピアースとかコートニー・コックスとかジョナサン・プライスとか。渋いなあ。

本来であればホテルの後継者だったアダム・サンドラーがうまく丸め込まれて総務スタッフになってる。それで甥と姪を預かったときに、ベッドタイム・ストーリーが現実になることを知って…とかいう話。

おとぎ話やなあ。ディズニーだなあ。
アダム・サンドラーのわりには控え目なのです。下ネタ系が。「魔法にかけられて」のときもそうだったけど、どこか物足りない気がする。いや下ネタが見たいわけじゃないんだがね。

アダム・サンドラーが「やっぱりホテルの跡継ぎはこいつじゃないとな」と納得させてくれるプロセスが省略されてるので、ちょっと終わりのほうが適当。
それと、ガイ・ピアースの演技は可哀想な感じ。

 
せめてCGが圧倒的だったりしたらな。