7月24日通り

7月24日通り

吉田修一「7月24日通り」を読んだ。

さらっと読める中編。
ガール・ミーツ・ボーイ・ミーツ・ガールみたいな感じで、まあ錯綜するラブ・ストーリーだろう言ってみれば。

確かに言ってみればそんな話で、ともすれば凡庸なんだけれども吉田修一ってほんとに文章が良いので作品がぐぐっと持ち上げられるのである。

筆力とも言うが、これがこの作者は顕著だと思う。
(吉田修一ので文章が面白くないのって、そんなに無いんじゃないかと思う)

だからこの「7月24日通り」も、内容としてはわりとテレビドラマみたいなんだけど、そうはならない。
ということで、読んでて面白かった。
(最後のほうで、目次に書いてあることが絡んでくるのは愛嬌だと思った)
 
それにしても、さらっと読める。
もうちょい読み応えのあるのが欲しい。

 

関連記事

日曜日たち 吉田修一「日曜日たち」を読んだ。 面白かった。読んでよかった。 連作短編。なんてことない日常が綴られてなんてことなく話は進行する。軽いんだが、読...
最後の息子 吉田修一「最後の息子」を読んだ。 短編集。「最後の息子」「破片」「Water」をおさめる。 どれもさらっと読める短編。 なにげなく関連する...
静かな爆弾 吉田修一「静かな爆弾」を読んだ。 なかなか面白かった。 吉田修一の最高傑作ではないけれど、いつもいつもクオリティ高めだなあ。 番組制作をす...
初恋温泉 吉田修一「初恋温泉」を読んだ。 この作者の本には基本的に外れが少ないと思う。 これもさらっと読める軽いものだったけど、良い作品でした。 い...
ひなた 吉田修一「ひなた」を読んだ。 何人かの男女の、春夏秋冬の物語。 面白くなりそうなもんだが…(伊坂幸太郎「砂漠」は面白かったなあ) 普通…か...
パーク・ライフ 吉田修一「パーク・ライフ」を読んだ。 表題作「パーク・ライフ」と「flowers」の二本立て。「パーク・ライフ」で芥川賞受賞。 …そうす...