7月24日通り

7月24日通り

吉田修一「7月24日通り」を読んだ。

さらっと読める中編。
ガール・ミーツ・ボーイ・ミーツ・ガールみたいな感じで、まあ錯綜するラブ・ストーリーだろう言ってみれば。

確かに言ってみればそんな話で、ともすれば凡庸なんだけれども吉田修一ってほんとに文章が良いので作品がぐぐっと持ち上げられるのである。

筆力とも言うが、これがこの作者は顕著だと思う。
(吉田修一ので文章が面白くないのって、そんなに無いんじゃないかと思う)

だからこの「7月24日通り」も、内容としてはわりとテレビドラマみたいなんだけど、そうはならない。
ということで、読んでて面白かった。
(最後のほうで、目次に書いてあることが絡んでくるのは愛嬌だと思った)
 
それにしても、さらっと読める。
もうちょい読み応えのあるのが欲しい。

 

関連記事

春、バーニーズで 吉田修一「春、バーニーズで」を読んだ。 連作短編集。と、もう一つ超短編をくっつけた本。薄い本。 夫婦となり父親となった主人公の、心の揺らぐ風景と...
女たちは二度遊ぶ 吉田修一「女たちは二度遊ぶ」を読んだ。 タイトルの意味はよくわからないが、短編集。様々な女性がモチーフとなった短編集… 世の評価は知らないが、面...
最後の息子 吉田修一「最後の息子」を読んだ。 短編集。「最後の息子」「破片」「Water」をおさめる。 どれもさらっと読める短編。 なにげなく関連する...
パーク・ライフ 吉田修一「パーク・ライフ」を読んだ。 表題作「パーク・ライフ」と「flowers」の二本立て。「パーク・ライフ」で芥川賞受賞。 …そうす...
2007年下半期に読んだ本と、2007年全体のベスト... 2007年下半期に読んだ本と、2007年全体のベスト。 あまり本を読めなかった。なぜだろう… 図書館で予約待ちになってる待機時間が多かった。その間は雑誌...
ランドマーク 吉田修一「ランドマーク」を読んだ。 斬新な構造のビルを設計した人と、それを作る人。 環境とかかなり違う二人の物語で、絡むのかな?と思ったけど...