めぐりあう時間たち

めぐりあう時間たち

「めぐりあう時間たち」を観た。

微妙かなあ。眠くてしょうがない映画だった。
ニコール・キッドマンが別人のようだったり、凝った構成だったりするし、他にはないタイプの映画だったと思いますよ。
でも凝った構成ってのが別段良い感じにはなってなかったなあ。

ストーリー自体も「なんだこりゃ?」っていう程度だったし。

でもジュリアン・ムーアってすごいんだなあと再認識した。
この人の出てるパートだけ、やったら緊張感があったし。なんかジュリアン・ムーアの達者っぷりが目立った。

それにしても、ストーリーは本当「なんだこれ」って感じだった。
伝わるものがないというか…なんでこんなのを観なきゃならんのだ…という。ひどい言い方だけど。

おすすめはできない。

2002年(第75回)アカデミー賞
作品賞ノミネート
主演女優賞受賞(ニコール・キッドマン)
助演男優賞ノミネート(エド・ハリス)
助演女優賞ノミネート(ジュリアン・ムーア)
監督賞ノミネート(スティーヴン・ダルドリー)
脚色賞ノミネート

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です