謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA

謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA

「謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA」を読んだ。
向井万起男という人の本だ。宇宙飛行士である向井千秋の旦那。

どこかの書評で好評だったので読んだ。
アメリカ文化に関するエッセイ。面白かった。エッセイなので軽く読めるわりには、へーそうだったのかというような話が多かった。アメリカに行くことはないだろうが、勉強になった。

「空を見上げたポパイ」「キルロイ伝説」「勝手にしやがれ」「オザーク高原のイエス・キリスト」「ニューヨーク市への忠告」が特に面白かった。

以下、備忘録のためのキーワード。
スチール・ペニー
We the People
クリスタル・シティ、強制収容所
Kilroy was here
フォーコーナーズ
9つの標準時間
エリス島、連邦最高裁判所1998年5月
ジュリアーニ市長「私の祖父は移民としてアメリカに来た。その祖父がイタリアのジェノヴァで船に乗り込んだとき、『ニュージャージーに行くんだ』と言わなかったことは確かだ。祖父は自分がニューヨークに行くことを知っていたんだ」
テキサス州ドライデン

関連記事

アメリカン・ドリーマー 理想の代償 「アメリカン・ドリーマー 理想の代償」を観た。 オスカー・アイザックとジェシカ・チャステインという極旬の二人をメインキャストに抑えた作品。...
20世紀少年 「20世紀少年」全22巻と「21世紀少年」上下巻をネットカフェで一気読み。 実に5時間くらいかかったのである。疲れた。 これまで存在はもちろん知...
ゲーム開発最前線『侍』はこうして作られた―アクワイア制作2課の660日戦争... 「ゲーム開発最前線『侍』はこうして作られた―アクワイア制作2課の660日戦争」を読んだ。 これは面白いですね。 アクワイアのホームページを見ると...
スタバではグランデを買え! 価格と生活の経済学... 「スタバではグランデを買え! 価格と生活の経済学」を読んだ。 身近なテーマで、経済をやさしく教えてくれる。 面白かった。 文章が平易でよい...
最悪 奥田英朗「最悪」を読んだ。 力作だと思った。すげー面白い、というほどではないけど続きが気になってどんどん読んでしまった。時間が許せばワン・シッティ...
密室殺人ゲーム王手飛車取り 歌野晶午「密室殺人ゲーム王手飛車取り」を読んだ。 なんというタイトル…歌野晶午は売れる気ないんか? 待望の新刊である。なにかしら期待を裏切ってく...