推定無罪

推定無罪

「推定無罪」を観た。

1990年の映画だということが意外だった。
(もっともっと前の映画だと思ってた。とはいえ、90年ていったら18年前になるんですが)

ハリソン・フォードも若いし、ジョン・スペンサーも若い。
グレタ・スカッキってどこ行ったんだろう。

 
高校の頃にドキドキしながら観た記憶があるので、おそらく久しぶりに二回目を観たということなんだろう。
さすがにどんな話だか忘れてた。(グレタ・スカッキがドキドキなのは覚えてた)

どうしてもエロティック・サスペンスの匂いがつきまとう作品だけれども、これは「どんでん返し」系。脚本もしっかりしてると思う。「追いつめられて」と同様に、カテゴライズされていいはずなのにエロティックな雰囲気にまみれてしまったのは、グレタ・スカッキのおかげなんでしょう。

そうか…ボニー・ベデリアが出ていたのか。
そうなんだ。

 
感想ですが、「あーここで終わりか。なるほどなあ。何が真実がわからないようにするのだな」と思ってたら、まだ続いて、何が真実かをはっきりさせて終わったのが印象的だった。

正直なところ、ハリソン・フォードがやったのかどうなのか、わからないまま終わったほうが結末として綺麗だと思うが…
まあ、思ってたよりも良い作品でした。

 

関連記事

真実の行方 「真実の行方」を観た。 なんかエドワード・ノートンもので当たりを引いてないので、ここは原点でしょうと久しぶりに鑑賞。 やはり面白い。ちゃんとどん...
カンバセーション…盗聴… 「カンバセーション…盗聴…」を観た。 フランシス・F・コッポラ作品で、ジーン・ハックマン主演のサスペンス映画。超有名作品でしょう。前に一回...
神のふたつの貌 貫井徳郎「神のふたつの貌」を読んだ。 三章構成。大仕掛けが施されている。(でもかなり最初の段階で気づいてしまった) テーマはかなり意欲的だった。...
ジェシカが駆け抜けた七年間について... 歌野晶午「ジェシカが駆け抜けた七年間について」を読んだ。 一気に読んでしまった。ということは、面白かったのだろう。 最後のほうまでどのように転が...
42 世界を変えた男 In 1947, Jackie Robinson becomes the first African-American to play in Major...
ユージュアル・サスペクツ 「ユージュアル・サスペクツ」を観た。 久しぶりに観た。7年ぶりか。話もけっこう忘れているもんだ。 もう有名作なので、あらすじとか省略...