レッド・プラネット

レッド・プラネット

「レッド・プラネット」を観た。

そんなに面白くない。でもすごい映像がぽつぽつあった。それにしてもこの映画は出てくる人の数が非常に少ない。そこに驚いた。音声のみの人含めて10人いないんじゃないのか。それはともかくキャリー・アン・モスという唯一の女優が「巨乳女船長」でぐいぐい圧してくるのだが、誰だっけかこの人と思ってネットで調べると「あーマトリックスの人かーそうかそうか」

関連記事

プライベート・ライアン 「プライベート・ライアン」を観た。 何度も観たことある。最後に観たのは8年前なのか。スピルバーグの代表作の一つ。多彩なキャスト陣と当時とし...
侵入者 消された叫び声 「侵入者 消された叫び声」を観た。 まるでテレビ映画のようなクオリティと低予算感。2015年の作品ながら何でこうなったという典型だ。 ミ...
クライシス・デイ 「クライシス・デイ」を観た。 もう何も言うまいのトム・サイズモア印の作品です。 いったい全体なぜトム・サイズモアの出演作を追いかけて...
レリック 「レリック」を観た。 ペネロープ・アン・ミラーとトム・サイズモア。 なんか鑑賞後は、熟年のじゅくじゅく映画だったなあと思ったけど、調べると二人は...
スリー・リバーズ 「スリー・リバーズ」を観た。 随分久しぶりに観た気がする。 ブルース・ウィリスの水上版ダイ・ハードみたいな感じ。 ちょっとずぶずぶの恋愛を...
ブラックホーク・ダウン 「ブラックホーク・ダウン」を観た。 久しぶりに観た気がする。嫁曰く、以前観たときに俺は「なんだこれはすげーつまんない」と言い放ったそうだ。そうなの...