貧困大国ニッポン 2割の日本人が年収200万円以下

貧困大国ニッポン

「貧困大国ニッポン 2割の日本人が年収200万円以下」を読んだ。

巷に溢れてるワーキングプア系と一緒で、内容はそんなに目立ったところはない。
(インタビューの質より量という感じが、他とは違ってる)

読んでて、伝わってくるものは無かった。
こういう系統をときどき読んでるが、あまり伝わってきたことがない。
読んでいて不思議になる。なんか違和感があるのだ。「こりゃひどいな」と思いつつも、だからどうっていう何かが心に届かない。

その違和感はなんだろうと少し考えた。

 
こういう系統によくあるのは、極限の貧困状況が描かれて、それでもって「それは人ごとでは決してない」とし、「国がこれこれこうこうしなきゃ日本の未来はない」的なストーリーだ。

極限の貧困状況にある人々は、「自己責任」と切り捨ててしまっていいものだろうか?という書き方をするものの、絶対に「自己責任」とはしない。それは筆者がこれらの貧困状況の人々の側にたってるから。
足元に火がついてる状況を詳しく言っといて、それで国がなんとかせよ、という…

そもそも「国が悪い」とか書いてていいんですかね。

違和感て、そのへんじゃないかなあと考えた。
「国が悪い」ってのはもうわかったから、その次に行ってほしいなと思うわけです。

 
あと、極限の貧困状態にある人々のなかで、明らかに自己責任なケースは「これは自己責任だ」と切り捨ててほしい。
そうしないと公平感も出ないし、覚悟して読むこともできないから。

 

関連記事

みんながコレで燃えた!NEC8ビットパソコン PC-8001・PC-6001... PC-6001の本が出てたので買ってきた。 AXシリーズが収められているのは素晴らしい。オリオンとクエストは当時かなりやった。 しかし、なんとい...
「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い 禁じられた数字(下)... 山田真哉「『食い逃げされてもバイトは雇うな』なんて大間違い 禁じられた数字(下)」を読んだ。 上巻を覆すかのようなタイトル。 内容としてはやはり...
若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来... 城繁幸「若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来」を読んだ。 なかなか面白かった。 みんなが3年で辞めるわけではなくて、3年で3割...
独断流「読書」必勝法 清水義範+西原理恵子「独断流『読書』必勝法」を読んだ。 またこのコンビ。 どんどん相乗効果が薄れていってる二人組という認識だ(大半は清水義範の筆...
謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA... 「謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA」を読んだ。 向井万起男という人の本だ。宇宙飛行士である向井千秋の旦那。 どこかの書評で好評だ...
アマゾン・ドット・コムの光と影―潜入ルポ... 「アマゾン・ドット・コムの光と影―潜入ルポ」を読んだ。 単行本でそれなりのボリュームだけど、文章は平易で一気に読んだ。 秘密主義のアマゾンを探る...