二年ほど前に買った、NAS(バッファロー)が突然こわれた。

掃除しようとして、色々消したりして整理して、ファイルを大量に移動しようとしたところで変に重くなり、「I/Oエラー云々」で処理が中断されたため、やばいかな?と思っていったん再起動することに。

NASのWeb管理画面で再起動をかけて、そんで電源が入りきらず。
電源が入りきらずっていうのは、電源をONにしてもPOWERランプが点滅したまま起動を完了してくれないってことだ。

ずーっと点滅をしたかと思うと、今度はDIAGランプが6回点滅でエラーを知らせる。
これは何だとサイトを調べると、機器の故障のようなので「修理依頼で送ってください」ということらしい。

がーん。

つうことは、このHDDの中身は絶望的ってことじゃないすか。

危機管理能力が問われる場面であった。
なぜバックアップしておかなかったのか…もう一台NASを買ったばかりだったが、それだっていつ吹っ飛ぶかわからないってことだもんなあ。

やはり、NASにはそれぞれUSBでもう一台くっつけといてバックアップをしておくってことなんでしょうか。
そんな金ないよ。それに、そんなもの買ったらバックアップじゃなくて容量増加したくなるってもんです。

がーん。

 
(続き:分解・LinkStation

 
白箱の遊び方―NASで作る簡単Linuxサーバ
ケイズプロダクション

白箱の遊び方―NASで作る簡単Linuxサーバ
“白箱”―「LAN TANK」の作り方・使い方 (I・O BOOKS) 白箱BOOK―自作Linuxサーバキット「LAN Tank」の使い方
by G-Tools

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です