「ピアーズ・ブロスナン サルベーション」を観た。

題名がわけわからんが、DVD化の際にピアース・ブロスナンの名がついたようだ。原題は「Salvation Boulevard」なので、サルベーション通り?道路の名前を指してるのでしょうか。それもよくわからない。

ピアース・ブロスナン、ジェニファー・コネリー、エド・ハリス、グレッグ・キニア、マリサ・トメイ。渋いキャストっつうか、退いた系っていうか…平均年齢は高めだ。エド・ハリスなんて相当にお爺さんである。エド・ハリスとジェニファー・コネリーは「ポロック 2人だけのアトリエ」で共演したのか。

ピアース・ブロスナンが牧師。かつ事業家。街を仕切っている。対抗している学者がエド・ハリス。ジェニファー・コネリーとグレッグ・キニアは宗教に傾倒している。ピアース・ブロスナンが間違ってエド・ハリスを撃ってしまい、慌てて自殺に見せかけようとする。引いてしまうグレッグ・キニア。で、翌日になってみるとピアース・ブロスナンはグレッグ・キニアを身代わりにしようとする。逃げるグレッグ・キニア。保安官?のマリサ・トメイに助けを求める。

一見、サスペンスのようでもある。DVDジャケットは特にそんな感じだ。でも実際の映画はちょっと違くて、少しコメディっぽいところさえあるくらい。クライムムービーというか、俺はこういうのを「こねくりまわし系」と呼ぶことにしている。少ない登場人物たち。あいつがああするとこいつがこうして、それで誰かにしわ寄せが行って。みたいな、こねこねした話。「パルプ・フィクション」みたいな成功例を生むこともあるが、たいていの場合は勢いがなくなって映画っぽくなくなる。
難しいものだ。

ジェニファー・コネリーは超自然派みたいな感じ。なんか演技に欲目がないよね。ただいるだけで満足しているようで不思議だ。別にそれが悪いとは言いませんが、「砂と霧の家」みたいに存在感あふれる作品に出てきてほしいもんです。