最悪

最悪

奥田英朗「最悪」を読んだ。

力作だと思った。すげー面白い、というほどではないけど続きが気になってどんどん読んでしまった。時間が許せばワン・シッティングタイプの作品だった。

主人公三人がそれぞれ最悪な追い詰められ方をしていって、やがて交錯する模様を描くのだが、その最悪っぷりがなかなかのもので、特に工場主はすごかった。なんかよくここまでやるなってくらい。

でも三人とも「最悪」という言葉を口に出さない。最後まで口にしなかった。三人を最後に追い詰めるヤクザだけ、「最悪」という言葉を口にした。この本の中に最悪という言葉が出てきたのはそこだけだったと思う。

そこに妙に感心した。

そうですね…お薦めですかね。読んでみたほうがいいと思います。
ちなみに、この本はブックオフで100円で購入。

最悪
奥田 英朗

邪魔〈上〉 邪魔〈下〉 マドンナ 東京物語 延長戦に入りました
by G-Tools

関連記事

ウランバーナの森 奥田英朗「ウランバーナの森」を読んだ。 ジョン・レノンが便秘に苦しんで、病院に行って、魂の救済をして、便秘が解消して、再び作曲に戻るってな話。 ...
手紙 東野圭吾「手紙」を読んだ。 なかなかの力作。一気に読んでしまった。仕事の行きと帰りの電車の中で読むのだけど、ずばり行きと帰りでほとんど読み終え...
長崎乱楽坂 吉田修一「長崎乱楽坂」を読んだ。 実に吉田修一的だった。 これは代表作っぽいんですが、題名が面倒くさそうなので(なんという偏見)、読まないでいた...
町長選挙 奥田英朗「町長選挙」を読んだ。 「イン・ザ・プール」「空中ブランコ」に続くシリーズ第三作。 そこそこ面白かった。 やはり「イン・ザ・プール...
ララピポ 奥田英朗「ララピポ」を読んだ。 これは…エロ小説か? いや、そこまででもないが。 そうか、そういうことか。奥田英朗が書きたかったのはこ...
ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎「ゴールデンスランバー」を読んだ。 図書館に予約入れてから随分と待たされた。 なかなか面白かった。 クライムノベルというか、他の...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です