ヒストリー・オブ・バイオレンス

ヒストリー・オブ・バイオレンス

「ヒストリー・オブ・バイオレンス」を観た。

ヴィゴ・モーテンセン版の高倉健映画というか、ボーン・アイデンティティー映画というか。
さびれた街でカタギとして生きていた主人公だが、実は…という。

なんかとにかくヴィゴ・モーテンセンが強いのである。
そして荒々しいのである。アレも。

もうそんなところで実におなかいっぱいになる。
限りなく非日常だ。

ストーリーとしては、非常にはっきりしており、そのせいかテンポも良く、最終的にはスッキリしないで終わった。
どういうことかっていうと、何のひねりもなく終わったということ。唐突な例えだが、「タクシー・ドライバー」みたいにガツンとくるラストが欲しいと思った。

 
妻役はマリア・ベロで、この人も「ER」の頃って若かったよなあ。とか懐かしい気分にさせられた。
エド・ハリスって、本当におっさんだ。

 
ウィリアム・ハートはこの映画により助演男優賞ノミネートだそうですが、それはさすがにどうかと思った。
それくらい適当な感じだった。

2005年(第78回)アカデミー賞
助演男優賞ノミネート(ウィリアム・ハート)
脚色賞ノミネート

 

関連記事

フェイス・オブ・ラブ 「フェイス・オブ・ラブ」を観た。 アネット・ベニング、エド・ハリス、ロビン・ウィリアムズ。 人生の夕暮れ時に差し掛かっているアネット・ベ...
カリートの道 「カリートの道」を観た。 数年ぶりに観たような。 俺はてっきり、この映画は「スカーフェイス」とかと同様に80年代の映画だと勘違いしていた。 ...
マリオネット・ゲーム 「マリオネット・ゲーム」を観た。 前にも一度観たことある。どんでん返し系サスペンス。 ピアース・ブロスナン、ジェラルド・バトラー、マリア...
トゥルーマン・ショー 「トゥルーマン・ショー」を観た。 5年以上前に観たことある。それ以前も何度か観てる。 今回は子供たちと観た。非常に面白かったようだ。 ...
インディアン・ランナー 「インディアン・ランナー」を観た。 デヴィッド・モースとヴィゴ・モーテンセン。二人は兄弟で、兄のデヴィッド・モースは警官、弟のヴィゴ・モーテンセン...
クリムゾン・タイド 「クリムゾン・タイド」を観た。 もう何度も観ている。 トニー・スコットの最高傑作の一つである。デンゼル・ワシントンとジーン・ハックマンの...