父親たちの星条旗

父親たちの星条旗

「父親たちの星条旗」を観た。

本当は「硫黄島からの手紙」とペアで観たほうが良かったんだろう。
かなり間があいてしまった。

硫黄島の戦いを日米双方からの視点で描く…なるほど。
うーん、なんて言うんですかね、迫力もあったんだけど、何か伝わるってわけじゃないんだよね。「プライベート・ライアン」のような、大迫力でもないし、「戦場のピアニスト」のような感動系でもないし、硫黄島の戦いのドキュメンタリをやりたかったのだろうか。

これ、セットで観て、何かリンクしてるところあるんだろうか。
(ちょっとわからなかった)

クリント・イーストウッドの映画はマーティン・スコセッシと同じ匂いがする。前にも書いたかもしれない。少なくとも最近のものは、どれも面白いところまで行ってないと思う。

手堅いというか、小粒におさまってて、心を揺さぶったりはされない。ので、映画を観たって気分にならない。

関連記事

告発のとき 「告発のとき」を観た。 「クラッシュ」のポール・ハギス最新作。ということで期待した。 トミー・リー・ジョーンズはこれでアカデミー主演男優賞ノミネ...
トゥルー・グリット 「トゥルー・グリット」を観た。 コーエン兄弟作品だ。あまり相性がよくない。 リメイクだということは観終わってから知った。西部劇っぽいこと...
ブロークンシティ 「ブロークンシティ」を観た。 マーク・ウォールバーグ、ラッセル・クロウ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ。他にジェフリー・ライト、バリー・ペッ...
スティーラーズ 「スティーラーズ」を観た。 ある質屋を軸に、いくつかの物語からなるオムニバス形式作品だ。色々と繋がる箇所もあり、じゃっかんタランティーノチ...
ジャージー・ボーイズ 「ジャージー・ボーイズ」を観た。 クリント・イーストウッド監督作。同名のミュージカル作品を元にしたもので、ミュージカル版での出演者も起用。...
チェンジリング 「チェンジリング」を観た。 実話ベースですか。クリント・イーストウッド監督ですか。 敬遠コースである。が、話題作だ。アンジェリーナ・ジョリー...