父親たちの星条旗

父親たちの星条旗

「父親たちの星条旗」を観た。

本当は「硫黄島からの手紙」とペアで観たほうが良かったんだろう。
かなり間があいてしまった。

硫黄島の戦いを日米双方からの視点で描く…なるほど。
うーん、なんて言うんですかね、迫力もあったんだけど、何か伝わるってわけじゃないんだよね。「プライベート・ライアン」のような、大迫力でもないし、「戦場のピアニスト」のような感動系でもないし、硫黄島の戦いのドキュメンタリをやりたかったのだろうか。

これ、セットで観て、何かリンクしてるところあるんだろうか。
(ちょっとわからなかった)

クリント・イーストウッドの映画はマーティン・スコセッシと同じ匂いがする。前にも書いたかもしれない。少なくとも最近のものは、どれも面白いところまで行ってないと思う。

手堅いというか、小粒におさまってて、心を揺さぶったりはされない。ので、映画を観たって気分にならない。

関連記事

ゴスフォード・パーク 「ゴスフォード・パーク」を観た。 これは前にも観てて絶賛だったアルトマン監督作だが、やっぱり面白かった。 やっぱり吹き替えで観たかったけ...
ジャージー・ボーイズ 「ジャージー・ボーイズ」を観た。 クリント・イーストウッド監督作。同名のミュージカル作品を元にしたもので、ミュージカル版での出演者も起用。...
スリーデイズ 「スリーデイズ」を観た。 これは観る前の予備知識としてすでにあったが、「ラスト3デイズ」のリメイクであるということだ。 なので、あんまり...
Re:プレイ 「Re:プレイ」を観た。 ケン・グリムウッドの作品の映画化なのかな?と思ったんだが、違うのね。マイケル・クーニーの作品だそうで。 ま...
バトルフィールド・アース 「バトルフィールド・アース」を観た。 ジョン・トラボルタ製作・主演のSFで、その年のラジー賞をどかんと独占した。 (でもジョン・トラボルタってラ...
硫黄島からの手紙 「硫黄島からの手紙」を観た。 うーんんん…何と言えばいいのか。 微妙というか中途半端というか、そうだなあ何と言えば不謹慎にならないんだろうか。 ...