「ボトム・プレデター 地底に潜む生命体」を観た。

うひゃーこれは久しぶりにチープでダメな映画が登場したな。
トム・サイズモア主演。他の人は誰だ?

邦題の「ボトム・プレデター 地底に潜む生命体」ってのが謎。地底に潜む生命体って何だ?地底ってなんだろう…プレデターって何だ?
どうも内容を観ないで邦題をつけてるんじゃないのかなあ。

よくわからない廃墟となった施設に研究者が閉じ込められて人体実験で自分の薬を注射させられて。それで化け物になってしまって。その施設を点検するために来たトム・サイズモアのチーム(市が委託したメンテ業者みたいなもんか?)が化け物に出くわして、サバイバル。

登場人物が非常に少なく、化け物の化け物っぷりも大変チープである。
最後はびっくりしたなあ。決戦もチェーンソーとかで無茶苦茶だったけど、普通最後は勝つとかだよなあ。何で「あっ、しまった」みたいな感じで爆発して終わるんだよ。しかもその後、バイオハザードみたいに意味不明に終わるし。

これは観ないほうがいいと思います。