ラストエンペラー

「ラストエンペラー」を観た。

観たのはオリジナル版の、219分のもの。長いって。
長いんだけど…そこそこ面白いというか、そんなに眠くなるところもなくて最後まで惹きつけられた。

観るのは何度目かだけど、随分忘れてるもんだ。

ジョン・ローンもジョアン・チェンもどこへ消えたんだろう。
坂本龍一の曲は美しい。でもオープニングのDavid Byrneによる曲も好きなんですけどね。

以前までの認識では、この映画での現在にあたる溥儀の晩年のエピソードがとても良かった印象だったけど、今回観てみて、幼年時代とかのエピソードもクオリティ高いなあと思わされたものでした。満州のエピソードはなあ…どうも好きになれない。坂本龍一のせいだろうか…

長いけど、いい映画ですね。

 
1987年(第60回)アカデミー賞
作品賞受賞
監督賞受賞(ベルナルド・ベルトリッチ)

 

ラストエンペラー ディレクターズ・カット (初回生産限定版) [DVD] ラストエンペラー ディレクターズ・カット (初回生産限定版) [DVD]

ラスト・エンペラー オリジナル・サウンドトラック 西太后 (完全版) DVD-BOX NHK「その時歴史が動いた」 ラストエンペラー最後の日 ~「満州国」と皇帝・溥儀~「日中・太平洋戦争編」 [DVD] わが半生―「満州国」皇帝の自伝〈上〉 (ちくま文庫) わが半生―「満州国」皇帝の自伝〈下〉 (ちくま文庫)
by G-Tools