ヒラリー・スワンク IN レッド・ダスト

「ヒラリー・スワンク IN レッド・ダスト」を観た。

ヒラリー・スワンクと、Chiwetel Ejioforである。Chiwetel Ejioforは色んな映画で観かける顔。
邦題が何だかよくわからないが、かなり重い映画だった。てっきり「トレマーズ」みたいなアクションサバイバルかと思いきや、まったく違う。人種差別ものですか…

アフリカの激しい人種差別の後、真実和解委員会というものがありまして。

真実和解委員会 – Wikipedia

これがメインモチーフとなっている映画。激しい人種差別描写もあり、裁判要素もありで、映画としてはかなり直球かつ骨太。
重いっす。真実和解委員会というものもとんでもないが、それ以前にやっぱり差別が無茶苦茶…
でも委員会の内容は、その暴力を行った側がすべてを話せば無罪放免となるというもので、その目的もわからなくはないが、多くの人々のギリギリのモラルですべてが運営されている雰囲気が凄いですね。ちょっとでも崩れるとリンチになりそうで。

ヒラリー・スワンクである必要があったのか微妙だったが、Chiwetel Ejioforは熱演。
しかし重かった。

 
ヒラリー・スワンク IN レッド・ダスト [DVD]

ヒラリー・スワンク IN レッド・ダスト [DVD]
わたしを離さないで [DVD] マイ・ブラザー [Blu-ray] 核時代の想像力 (新潮選書)
by G-Tools

 

関連記事

インソムニア 「インソムニア」を観た。 随分と久しぶりに観たと思う。「メメント」を観て、これはクリストファー・ノーランを少し復習しておかないとな、という...
アメリア 永遠の翼 「アメリア 永遠の翼」を観た。 ヒラリー・スワンクが製作総指揮兼主役。共演にリチャード・ギア、ユアン・マクレガー、ミア・ワシコウスカ。 ...
それでも夜は明ける 「それでも夜は明ける」を観た。 アカデミー作品賞受賞作だが、観る機会を逃していた。差別ものだからなあ…と後回しに。 まあ観ましたよ。やは...
アメリカン・ギャングスター 「アメリカン・ギャングスター」を観た。 リドリー・スコットとデンゼル・ワシントンとラッセル・クロウ。 成功は約束されたかのような組み合わせだ。 ...
ディア・ブラザー 「ディア・ブラザー」を観た。 ヒラリー・スワンク、サム・ロックウェル、ミニー・ドライバー、ジュリエット・ルイス、メリッサ・レオ。 とある...
キンキー・ブーツ 「キンキー・ブーツ」を観た。 すごく面白かった。 イギリス映画なんだろうけど、こういう非ハリウッド系はあまり食わず嫌いな俺である。この「...