フリーター漂流

松宮健一「フリーター漂流」を読んだ。

この前のNHKスペシャル「ワーキングプア」は見ていないわけだが、何か同じテーマというか切り口の本はないものか…と検索し、図書館にもあったので読んでみた。

なかなかだった。
面白かったというと不謹慎かもしれんが、面白かった。

10代の頃は「サラリーマンなんかなりたくない」とフリーターになり、20代で依然として夢を追ってフリーターをやり、そして30代になると深刻な事態になってくる…という感じ。

この本では最後にまとめとして、フリーターと派遣と請負ばっかりになってる現代社会が問題である、と結んでいるが、それは「なんか違う」と感じた。

俺はやはり、社会が問題なのではなくて、個人の問題なのではないかと思う。
努力しても這い上がれない状況ってのは深刻だが、その努力とは、どれほどの努力なのかと考えてしまう。

本当にプライドを捨ててやり直したいと思ってるのだろうか、と。
どっかに甘えがあったり、上昇志向がなかったりするのではないか。

厳しいようだけど…そう考えてしまうのだが…

こういった本を、しばらく読んでみようかと思った。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です