50歳の恋愛白書

「50歳の恋愛白書」を観た。

ロビン・ライト・ペンが主役。へー。
まあ老いらくの恋といいますか、年下のキアヌ・リーブスと恋に落ちてしまったりするロビン・ライト・ペンの半生を綴るといった不思議な話。

わりと面白い構成だし、ところどころのエピソードは楽しめる。
でも、ロビン・ライト・ペンがいけないのかなあ、なんだろう、難しいところだけどロビン・ライト・ペンに結実しない半生っていうか、なんか繋がりが感じられないエピソード集なんですね。
ミステリーってことじゃないので、もうちょい観やすくなってると良かった。

ウィノナ・ライダーとかなあ…こんな意味のない出演でいいのか?ジュリアン・ムーアはあの肌はやばいだろう。
マリア・ベロが最近きてるな。なんか疲れた感じがぴったりでした。