50歳の恋愛白書

50歳の恋愛白書

「50歳の恋愛白書」を観た。

ロビン・ライト・ペンが主役。へー。
まあ老いらくの恋といいますか、年下のキアヌ・リーブスと恋に落ちてしまったりするロビン・ライト・ペンの半生を綴るといった不思議な話。

わりと面白い構成だし、ところどころのエピソードは楽しめる。
でも、ロビン・ライト・ペンがいけないのかなあ、なんだろう、難しいところだけどロビン・ライト・ペンに結実しない半生っていうか、なんか繋がりが感じられないエピソード集なんですね。
ミステリーってことじゃないので、もうちょい観やすくなってると良かった。

ウィノナ・ライダーとかなあ…こんな意味のない出演でいいのか?ジュリアン・ムーアはあの肌はやばいだろう。
マリア・ベロが最近きてるな。なんか疲れた感じがぴったりでした。

 

関連記事

ブラインドネス 「ブラインドネス」を観た。 突然、視力が奪われる病気。 予告編とかを観るかぎりでは、パニックものかなあと思ってた。SFアクションぽいような。 ...
美しい人 「美しい人」を観た。 「彼女を見ればわかること」や「愛する人」のRodrigo García脚本監督である。本作は「彼女を見ればわかること...
フリーダムランド 「フリーダムランド」を観た。 サミュエル・L・ジャクソンとジュリアン・ムーア。 期待してしまうというものだ。   母親が錯乱して保護され...
幸せになるための10のバイブル 「幸せになるための10のバイブル」を観た。 最初にDVDジャケットを見かけたときは、ウィノナ・ライダーの作品かあと思ったが、これが2007年の「T...
オータム・イン・ニューヨーク 「オータム・イン・ニューヨーク」を観た。 初めて観た。実はいままで「オータム・イン・ニューヨーク」を観たことがなかったのです。 えっ!ジ...
消されたヘッドライン 「消されたヘッドライン」を観た。 ジャーナリストが巨大軍事産業と闘う的な話。どちらかというとポリティカルっぽいところもある。ラッセル・クロウが骨太...