ラフマニノフ ある愛の調べ

「ラフマニノフ ある愛の調べ」を観た。

ロシア映画。作曲家のセルゲイ・ラフマニノフの伝記映画というやつだ。

セルゲイ・ラフマニノフ – Wikipedia

映画内でも言及されていたが、実際の史実とは異なりかなり脚色されているようである。
ロシアがソビエト連邦になる頃の激動の時期に、ロシアからアメリカに亡命したラフマニノフ。その亡命前から亡命時、そしてアメリカで、それぞれ愛の物語が綴られる…という趣向。

ピアノ一筋、作曲一途だったけど、やることはやってます的なラフマニノフである。亡命時の最大のピンチにおいても島耕作よろしく愛の力が伏線となっていた。
英語題名がLilacsであり、映画を観れば納得の題名。邦題はねえ…まあ仕方ないところかも。

あの名曲が最後に。
(実際のところは、あの曲がラフマニノフのものであるとか、ロシア革命とか、あまり知らないことも映画を観ることで少し勉強になったのであった)

 

関連記事

灼熱の魂 「灼熱の魂」を観た。 重い。重すぎる。 しかし力作。凄い映画でした。 2010年のカナダ映画。アカデミー外国映画賞にもノミネート。...
籠の中の乙女 「籠の中の乙女」を観た。 2009年のギリシャの作品で、アカデミー外国映画賞ノミネート。カンヌの「ある視点」賞を受賞。脚本監督のヨルゴス・...
エンド・オブ・トンネル 「エンド・オブ・トンネル」を観た。 2016年のアルゼンチン・スペイン合作の映画。サスペンスである。主人公は車椅子の生活。「裏窓」的なサス...
ダイアナ 「ダイアナ」を観た。 ダイアナ元皇太子妃の事故死から遡る2年間を綴った物語。ダイアナをナオミ・ワッツが演じ、当時のダイアナの恋人であるハス...
アフター・ウェディング 「アフター・ウェディング」を観た。 原題は「Efter brylluppet」である。読めない! デンマーク、スウェーデン、UK、ノルウ...
犯罪「幸運」 Two young people in Berlin, a refugee and a homeless punk, form a relationsh...