ラフマニノフ ある愛の調べ

「ラフマニノフ ある愛の調べ」を観た。

ロシア映画。作曲家のセルゲイ・ラフマニノフの伝記映画というやつだ。

セルゲイ・ラフマニノフ – Wikipedia

映画内でも言及されていたが、実際の史実とは異なりかなり脚色されているようである。
ロシアがソビエト連邦になる頃の激動の時期に、ロシアからアメリカに亡命したラフマニノフ。その亡命前から亡命時、そしてアメリカで、それぞれ愛の物語が綴られる…という趣向。

ピアノ一筋、作曲一途だったけど、やることはやってます的なラフマニノフである。亡命時の最大のピンチにおいても島耕作よろしく愛の力が伏線となっていた。
英語題名がLilacsであり、映画を観れば納得の題名。邦題はねえ…まあ仕方ないところかも。

あの名曲が最後に。
(実際のところは、あの曲がラフマニノフのものであるとか、ロシア革命とか、あまり知らないことも映画を観ることで少し勉強になったのであった)

 

関連記事

朝食、昼食、そして夕食 「朝食、昼食、そして夕食」を観た。 スペインとアルゼンチン合作の2010年の作品。 何組もの男女とか男同志とかの織り成す風景。主に食事ど...
友よ、さらばと言おう 「友よ、さらばと言おう」を観た。 「すべて彼女のために」(「ラスト3デイズ」に改題)の監督による最新作。過去作で主役をつとめた2人の俳優を...
至宝 ある巨大企業の犯罪 「至宝 ある巨大企業の犯罪」を観た。 2011年の作品。イタリアで実際にあった驚愕規模の粉飾を行った「パルマラット事件」をもとにしている。...
神々と男たち 「神々と男たち」を観た。 フランスの作品。アルジェリアの修道院を舞台にした話で、実際に起きた修道士拉致殺害事件を元にしている。 重そう。...
籠の中の乙女 「籠の中の乙女」を観た。 2009年のギリシャの作品で、アカデミー外国映画賞ノミネート。カンヌの「ある視点」賞を受賞。脚本監督のヨルゴス・...
美しき棘 「美しき棘」を観た。 2010年の作品で、遂にボンドガールにまでいったレア・セドゥ20代半ばの出演だ。新人有望女優として注目されている頃で...