ウランバーナの森

奥田英朗「ウランバーナの森」を読んだ。

ジョン・レノンが便秘に苦しんで、病院に行って、魂の救済をして、便秘が解消して、再び作曲に戻るってな話。
どんな話だか。

わりと面白かった。
この作者、好きかもな。

どうにもドラマっぽいのが嫌だが、たまに読むなら…という作者だろうか。
やっぱり叙述ミステリーとか、そういうのを読みたい。でも良作は見つからず「そんなとき読むのであれば」という作品でしょうか。

褒めてるんだかけなしてるんだか。

しばらくこの人を追いかけてみようか…いやいや、ちょっと読書を休んでもいいのじゃないかそろそろ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です