ワルキューレ

「ワルキューレ」を観た。

わけもわからず大作っぽくなるのはトム・クルーズゆえか。
劇場でヒットしたのだろうか。

実話もの。ヒットラー暗殺計画である。
ちょっと実話ってところがひっかかるけど、ネタとしては興味深いところ。ただ失敗したのは知ってるわけだから、そこをどう持っていくかだろう。

ケネス・ブラナーが出てきたりテレンス・スタンプが出てきたり。渋いなあ。
トム・クルーズはストイックにやりたかったのかもしれない。それにしたって魅力が乏しい気がした。別にトム・クルーズでなくてもっていう。

暗殺に失敗して残念というより、爆破した直後の行動のもたつきが描かれているため、どっちに振りたいのかわからなくなる。そもそもトム・クルーズも爆破に失敗してるわけで、あのへんは運命のいたずらなのであろう。

失敗して残念ではあったけど、エンタメでもなくシリアスでもなく、最後に胸にじんわり感動がくるって映画じゃないのが惜しい。

途中はハラハラしたんだけど。