魔王

伊坂幸太郎「魔王」を読んだ。

微妙。「終末のフール」を読んだときと同じ感覚。
なんか途中であっさり結末を放棄した雰囲気である。それがいい感じになるときもあるが、今回はがっくりした。

「砂漠」とか面白かったし、もっと高い水準を求めてしまうわけである。
しかし伊坂幸太郎はほとんど読んだんじゃないか?

Might and Magic II 、すこーしずつ進めている。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です