「クリムゾン・タイド」を観た。

追悼トニー・スコットである。傑作をたくさん作りだし、非常に惜しまれる死だ。

この「クリムゾン・タイド」はもちろん何度も観ている。良い映画の代名詞だと思う。全体的にスピーディであり、脚本も演出も良く出来ている。わかりにくいところはない。実にアメリカ的なのでそれが気に食わない人はダメだろうが…

デンゼル・ワシントンと、ジーン・ハックマン。どちらもずっと容姿の変わらぬ二人だ。老けてもそのまま。ジーン・ハックマンなんてずーっとこんな顔のままだよな。

原子力潜水艦の中での、核危機の話。そうかー副艦長はそういう意味で存在するのかーとか。人々のモラルが試される的な話。
実に映画的。ホント、こういう映画を日本で作れないんでしょうか。

あらためて追悼トニー・スコット。

 
クリムゾン・タイド 特別版 [DVD]
ドン・シンプソン

クリムゾン・タイド 特別版 [DVD]
レッド・オクトーバーを追え!アドバンスト・コレクターズ・エディション [DVD] U・ボート ディレクターズ・カット [DVD] イン・ザ・ネイビー [DVD] グローリー [DVD] 駆遂艦ベッドフォード作戦 [DVD]
by G-Tools