ミッシング 消された記憶

「ミッシング 消された記憶」を観た。

面白かった。

シガニー・ウィーバーは昔、まだ幼い娘を公園で遊ばせていたときに、行方不明になったという過去があり、それを引きずって現在も息子の結婚式を間際にむかえて、なんか影がある感じ。
それでふと知り合いになるケイト・ボスワースに娘の姿を重ね合わせる。不思議な共同生活も始まって…という話。

この映画はですね、サスペンスとかミステリーみたいな売り方をされていて、それでこんなのサスペンスじゃないじゃーんという声が多いようです。
まあ確かにサスペンスという言葉は似合わないかもしれん。でもしっかりミステリー。
ずっと緊張感あるし、シガニー・ウィーバーの言動に若干イライラしつつ見て、最後に息子がどかんと爆発するシーンがこれまたなかなか良いんだが、不思議なんだけどずっと注目してられる。最後もいい感じの濁し方で終わるし。

面白かったですよ。後味そんなにすっきりしないけど。
シガニー・ウィーバーに言い寄ってたあの禿がとってもかわいそうだった。