NOEL ノエル

NOEL ノエル

「NOEL ノエル」を観た。

Noel

Noelとはクリスマスのことらしい。
ポール・ウォーカー、ペネロペ・クルス、スーザン・サランドン、アラン・アーキン、そしてロビン・ウィリアムズ。
チャズ・パルミンテリの監督作で少し出演も。チャズ・パルミンテリって「ブロンクス物語」の原作となった一人芝居というイメージが強いが、意外に監督や脚本のキャリアはほとんどあれから無いのだ。

クリスマスを舞台にしたいくつかの物語が並行で進むような群像劇。設定としてはガチガチに堅い。スーザン・サランドンがこれまた寂しげで気丈で、まるで浪花節な壮年女性を演じる。ポール・ウォーカーとアラン・アーキンの物語はどことなくミステリアスで、そこに華を添えるペネロペ・クルスがこれまた全盛期のスペインの星なのである。

わりと旬な時期のキャストをしっかり揃えて、設定はかなり堅い。映像は若干古臭さを感じるものの、映画ってこういうもんだろうという味わいを残していた。
手堅いんだが、なんだか冒険してない感じ。かなり控えめな作品ではある。

でもチャズ・パルミンテリってこういう映画を撮るんだねーという感想と、やっぱりスーザン・サランドンって凄いねえというのを知ることができたので収穫であろう。あとペネロペ・クルスが素晴らしいスペインの星なのである。

 
ノエル [DVD]
デヴィッド・ハバード

ノエル [DVD]
ウーマン・オン・トップ [DVD] 南極物語 [DVD] ワイルド・バレット DTS スペシャル・エディション [DVD] ニューイヤーズ・イブ [DVD] 抱擁のかけら [DVD]
by G-Tools

関連記事

2008年上半期に観た映画 あららら忘れてたが、2008年1月?6月に観た映画のまとめである。 いつものように、対象となるのは初めて観た映画。テレビシリーズはのぞく。   ボ...
21グラム 「21グラム」を観た。 力作でした。とても良かったと思う。 観終わったあとで考えてみれば、タイトルにさほどの意味はないし、ストーリーも良くある話...
ザ・ドア 交差する世界 「ザ・ドア 交差する世界」を観た。 デンマークの星ことマッツ・ミケルセン主演の2009年の作品である。SFサスペンスという見立てになってい...
ブロークン 「ブロークン」を観た。 ティム・ロス、キリアン・マーフィといった渋いキャスティングだが、話の中心は彼らではなくEloise Laurenc...
クラッシュ 「クラッシュ」をまた観た。 以前観たときから実に3年半ぶりである。これまで「そろそろ『クラッシュ』を観ようか」と思うこともあったが、いやいやまだ早...
ブレア・ウィッチ 「ブレア・ウィッチ」を観た。 2016年の作品だ。1999年に社会現象となった「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」の正統な続編ということらし...