君の望む死に方

君の望む死に方

石持浅海「君の望む死に方」を読んだ。

登場人物から構成、装丁まで「扉は閉ざされたまま」のシリーズ本。
なかなか面白かったとは思う。どう終わらせるのか気になったけど、まあそういうもんかという終わり方だった。

 
殺す側と、殺される側と、探偵役。が、それぞれの立場をしっかりこなす。
まあ探偵役が登場するのは予想外だったので、話がこじれていく。

 
石持浅海クオリティなのである。
どれを読んでもそうだ。

 
・超善人がかなり多人数登場する
・試行錯誤などの思考を文章に精緻にトレース
・トリックと謎解きが非常に理系

こういう感じかなあ。
そいで、あんまりキャラが立ってないと。

これでキャラが立ってたらなあ。

 

関連記事

水の迷宮 石持浅海「水の迷宮」を読んだ。 やっぱり石持浅海だ!という感じのクオリティ。(いまいちだったという…) なんで読むんだろう俺。 暇つぶしを...
BG、あるいは死せるカイニス 石持浅海「BG、あるいは死せるカイニス」を読んだ。 前から題名が気になっていたが、読んでなかった。 読んでみると、なるほど石持浅海クオリティであ...
賢者の贈り物 石持浅海「賢者の贈り物」を読んだ。 (しかし多作な作家だ) もちろん、「賢者の贈り物」と言えば、オー・ヘンリーの短編であるけど、今回の石持浅海ク...
セリヌンティウスの舟 石持浅海「セリヌンティウスの舟」を読んだ。 やはり石持浅海クオリティ。 考えてみたら多作で同じクオリティを叩き出すんだから、たいしたもんかもしれ...
ガーディアン 石持浅海「ガーディアン」を読んだ。 連作中篇2つ。(短編といってもいいかも) ガーディアンと呼ばれる、守護神に主人公は守られていて、主人公に危害...
Rのつく月には気をつけよう 石持浅海「Rのつく月には気をつけよう」を読んだ。 連作短編。 なんか親友同士の食事会に毎度ゲストが来て、それで卓上推理っていうんでしょうか。 ...