冷蔵庫より愛をこめて

r_a_t_a.jpg

阿刀田高「冷蔵庫より愛をこめて」を読んだ。

久しぶりに読んだ。阿刀田高の初期短編集だ。
これは世の中の評価はそれなりに高く、俺も初めて読んだときは面白いなあと思っていたけど、今になって読んでみると、やっぱり面白いなあと。

なんだそれ。
正直、色褪せた印象はあるのだが、これよりクオリティの高い短編集があるかと聞かれるとちょっと迷うので、こういう評価になる。

はじめて読んだのは高校生のころ。このときの本はどこへ行ったんだろうか、実家か。
次に読んだのは東京に出てきたころだったような・・・なんか、あの高井戸と八幡山の間に住んでたころに読んだ記憶がある。
このときの本もどっかへ行ったな。

今、持っている本は、たぶん神保町で買ったのだろう。

なんか「悪女について」といい「夢の砦」といい、こういう本って一生そばに置いておきそうだなあ。
そこまで面白いわけでもないが、もう本棚にあって当たり前の本になっていて、しかもそいつは何度も買いなおしているわけだしな。

「冷蔵庫より愛をこめて」は、どの短編も主人公は30?40歳代の、色々なことに迷いが生じている男なんだが、昔読んだときよりもそのへんに感情移入するところがあり、不思議な読後感を味わった。

そうか、何度か読み返しても、こういう感覚ってものがあるのかーとつくづく変な気分になった。

関連記事

オリンピックの身代金 奥田英朗「オリンピックの身代金」を読んだ。 一気に読んでしまった。 どんでん返しとかはない。直球で良質。 これは映画化を意識してるんだろうなあ...
空飛ぶタイヤ 池井戸潤「空飛ぶタイヤ」を読んだ。 面白かった。 フィクションであり、小説であり、ですが。でもこれは、2004年の「三菱ふそうリコール隠し」のこ...
そして扉が閉ざされた 岡嶋二人「そして扉が閉ざされた」を読んだ。 なかなか面白かった。 男女4人がシェルターに閉じ込められる。その原因が、ある女性の自殺に関係してるの...
謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA... 「謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA」を読んだ。 向井万起男という人の本だ。宇宙飛行士である向井千秋の旦那。 どこかの書評で好評だ...
女王様と私 歌野晶午「女王様と私」を読んだ。 好き嫌いがはっきりわかれそう。俺は面白く読めました。(ちょっとだるいところはあったけども) 全体的な大...
東京物語 奥田英朗「東京物語」を読んだ。 面白かった。軽くて楽しんで読めた。 まあよくある、著者の若いころのほろ苦い青春記、という類ですが… これは...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です