B0000APZPK.09.LZZZZZZZ.jpg

「デモリションマン」を観た。

久しぶりに観た。いやーなんでこれを観たんだろうか。
いくら倫理が欠如したり途方もない恐怖政治がしかれたりしても、まあこんなドラスティックに変化した未来にはならないでしょう、という世界が舞台。

「いやーこれはないだろう」とツッコミを入れながら観る。

スタローンである必然性がない。
サンドラ・ブロックは愛嬌があった。ほほお、こんな感じだったのかサンドラ・ブロックは・・・と思った。

この同年に「ジャッジメント・ナイト」ですかー。どういう時代だったんだろうか。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です