松本清張全集20

松本清張全集20

松本清張全集20「落差」を読んだ。

長編である。読売新聞朝刊(昭和36年11月12日-昭和37年11月21日)とあるが、まさか毎日の連載だったんだろうか?
話は長いんだが、死人が出るわけでもなく(最後にちょっと事件はある)、推理小説というより大衆小説ではないかという感じ。

教科書執筆の大家となりその業界では成功した男と、その友人で四国の高知にてダム建設のために地元民と折衝に追われる男と、その男の妻と、あと病死した学者の妻と。
その4人が主人公。

教科書界の大御所が女好きで、人妻をモノにしようと必死になる話が延々と…
それで、こんなのストーカー&レイプじゃないかというような鬼畜の行い。

久しぶりにイライラしながら読みましたよ。
別にストーカーとかレイプとかは問題にしないけど、いったい松本清張は何をしたいんだと思ったものだ。

こんな駄目な男の色事計画を延々と読まされてですよ。
それで終盤でとってつけたように教科書界に警鐘を鳴らし。
(教科書を出版する会社は現場教師に相当の賄賂攻勢をかけて業界全体が腐ってるんだという、そういう実態を明らかにしたかったのかもしれないけど、あまりにもとってつけたようだった)

 
教科書が検定に通らないと何の意味もない、というエピソードのへんで「これはなんか読んだような気がするなあ」と思ってたら、同じく松本清張の「カルネアデスの舟板」(こちらは短編)でも、モチーフは教科書業界だったのか。

なんか何を表現したいのやら、さっぱり伝わってこなかった。
(いや教科書業界を暴露したかったのですかね。ピンときませんが)

 

関連記事

聞かなかった場所 松本清張「聞かなかった場所」を読了。 これも格別に面白いわけではなかったが、すいすい読めてよかった。 主人公の妻が、主人公の出張中に突然心臓発作...
松本清張全集1 「松本清張全集1」を読んだ。 収録されているのは「点と線」「時間の習俗」「影の車」である。 「点と線」「時間の習俗」それぞれ、アリバイトリックも...
松本清張全集3 松本清張全集3「ゼロの焦点・Dの複合」を読んだ。 「ゼロの焦点」「Dの複合」どちらも長編といってもいいボリューム、が二つ入っている。 それなりに...
昭和史発掘 また松本清張を読み終わった。今度は上巻。 うーん、最後の昭和史発掘ものとかは、ちょっとついていけない。 そっち方面に興味がわかないのか、読んでて...
松本清張全集9 松本清張全集9「黒の様式」を読んだ。 短編集。全体的にはいまいち。 ・歯止め ・犯罪広告 ・微笑の儀式 ・二つの声 ・弱気の虫 ・...
天才画の女 松本清張「天才画の女」を読了。 そんなに格別面白いわけでもなかったけど、すいすい読めた。それはよかった。 主人公は「天才画の女」ではない。さらに...