その土曜日、7時58分

「その土曜日、7時58分」を観た。

シドニー・ルメット監督作であることは、観終わってから知ることである。
ジャケットからフィリップ・シーモア・ホフマンとイーサン・ホークの映画なのだろうというくらいで、あまり予備知識なし。

いきなりマリサ・トメイのあんなシーンで始まるのでびっくりした。
またマリサ・トメイか。(歳をとったとはいえ、驚異的だと思った)

ある事件が、ちょっと食い違いというか勘違いというか、運命の狂いからずるずると悲劇になっていく話。
いわゆる「日常の崩壊」タイプである。
こういうのは嫌いじゃない。嫌いじゃないんだが、そんなに面白くなかった。好意的に観たかったが、そんなに楽しめなかったのである。

時間軸をちょいちょいいじってるが、それも旨みがなかったような。
演技の質はかなり高めだと感じた。あと驚異的な、マリサ・トメイ。