ワイルド・ギャンブル

ワイルド・ギャンブル

「ワイルド・ギャンブル」を観た。

Mississippi Grind

ライアン・レイノルズ主演作だが実質の主役はベン・メンデルソーンという人。「ジャッキー・コーガン」「ダークナイト ライジング」「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」に出演しているとのこと。

ギャンブル狂でいまいち人生のベン・メンデルソーンの前に、ライアン・レイノルズが現れてベン・メンデルソーンはツキに恵まれる。意気投合してギャンブルの旅に出かけることになる二人。時に衝突したりもするが大勝負のあるニューオーリンズへ向かい…という話。

ベン・メンデルソーンがギャンブルしてるところにライアン・レイノルズが加わり、その会話や目線などから「スティング」のように二人は組んでイカサマでもするのかと思った。しかし本当に二人は面識がないらしく、そうなるとライアン・レイノルズがミステリアス過ぎるのでこれはどんでん返しがある復讐ものだろうかと勘ぐった。その想像は作中しばらく続くものの、どうやらそうでもない。
どうも本当に二人は腐れ縁でギャンブルやめられない物語のようなのだ。なんだこれは。

なんだか曲者なキャスティングで、それでいて話は実は普通だったという終わり方。余韻はあるものの釈然としない。こういう話はこういうので良いけれど、だったらもっとティーンスターでやるとか、なんか無いか?
ライアン・レイノルズのスター性の無さと、性格俳優とまでいかない中途半端がもったいな結果になっている。話としてはわりとまともなのに。

関連記事

her/世界でひとつの彼女 「her/世界でひとつの彼女」を観た。 ホアキン・フェニックス主演のSFロマンスという感じの映画だ。コンピュータの声を演じたスカーレット・...
スカーフェイス 「スカーフェイス」を観た。 初めて観たわけではない。ずっと以前に観た記憶はある。が、このブログに記録がないということは15年以上観ていない...
昔々、アナトリアで A group of men set out in search of a dead body in the Anatolian steppes. ...
誰でもない女 「誰でもない女」を観た。 英題は「Two Lives」であり、ベルリンの壁とか東西ドイツ問題が絡むとだいたいピンと来る感じ。なんとなく残留...
バツイチは恋のはじまり 「バツイチは恋のはじまり」を観た。 実は2012年の作品である。なんで今更。ダイアン・クルーガー主演なのに。 出演はほぼダイアン・ク...
アレクサンダーの、ヒドクて、ヒサンで、サイテー、サイアクな日... 「アレクサンダーの、ヒドクて、ヒサンで、サイテー、サイアクな日」を観た。 わりと我が家ではスティーヴ・カレルの作品やジェニファー・ガーナー...