「エイプリルの七面鳥」を観た。

2003年の映画である。後から知ったが「ギルバート・グレイプ」の脚本の人が、脚本監督なんですか。へー。
ケイティ・ホームズ主演。あとはオリバー・プラットとか、Patricia Clarkson(これでアカデミー助演ノミネートだそうで…)。

最初から最後まで、なんかビデオカメラで撮影したかのようなチープな画質でお届け。もちろん意図してのことだろうが…みづらい。
(実際にビデオで撮影し、35mm変換されて上映されたようですね)

ケイティ・ホームズが困った長女でそこに一家が食事に招かれて、母は闘病でもうすぐ命が危なかったり、いろんな事情が後から少しずつわかってくる。話としてはケイティ・ホームズの料理奮闘の話と、一家がケイティ・ホームズのアパートに向かう道中の、ふたつの話が並行して進行。あとケイティ・ホームズの彼氏がトラブルに巻き込まれる話も少し。

ケイティ・ホームズが慣れないながらに料理を一生懸命やろうとしているプロセスはそれなりに面白く(といっても、手を洗えよーとかの突っ込みなんだが)、作品も短いのでなんだか核心に触れそうになるところで終わりになるのは消化不良って感じもなくはなかった。

ただ、最後のあの写真、ですよね。シャッター音。あれをやりたかったのだろうなと。
あれはグッと締まりましたね。作品が。

あとはケイティ・ホームズがキャスティングされてて良かったなあというくらいで…もし無名俳優ばかりだったら辛いところだったかもしれないね。

 
エイプリルの七面鳥 [DVD]
ピーター・ヘッジズ

エイプリルの七面鳥 [DVD]
ファール・プレイ [DVD] ホワイト・プリンセス [DVD] 八月の鯨 [DVD] 俺たちは天使じゃない [DVD] ギルバート・グレイプ [DVD]
by G-Tools