「ラスト・マップ/真実を探して」を観た。

いったいどんな映画なのかDVDジャケットからは謎だが、実際はロードムービーであった。わりと良かったのではないでしょうか。ロードムービーに外れ無し。とまでは言わないが、外れは少ないのかも。

マイケル・ケイン、その孫であるJosh Lucas、その子供、の3世代が暮らす家(あとマイケル・ケインの看護師にGlenne Headlyで、この人は「ER」でカーター君と出来てたアビー医師だな)。そこにマイケル・ケインの子供のクリストファー・ウォーケンが戻ってくる。みんな揃ったのでケンタッキーに食事に行く。その後いろいろあってマイケル・ケインは死に、遺言を実行するために想い出の土地をまわっては散骨しケンタッキーで食事する、ザ・ロードムービー。

わりと手堅い作りでしたね。やはり焦点は親子の確執が溶けていくことにあるので、そこまで目新しさはないんだけど、なんでケンタッキーで飯を食うんだよとか、いちいちヘンテコなリアリティがあってよかった。そういった細かいところによく気配りされていた作品だと思った。

マイケル・ケインは良い作品に出まくってる印象があるな。

 
ラスト・マップ/真実を探して 特別版 [DVD]

ラスト・マップ/真実を探して 特別版 [DVD]

by G-Tools