プロデューサーズ

「プロデューサーズ」を観た。

昔に映画があり、それを元にミュージカル化され、さらにそのミュージカルを元に再度映画化されたもの。
ミュージカル版のオリジナルキャストがほとんど、この映画版にも採用されているというもの。

わざとつまらないミュージカルを興行して、すぐに打ち切りにしてお金を持ち逃げしようと企む。そのために、ダメなキャスティングや演出やらを揃えていくんだが、偶然の化学反応で本番が大ウケして…というお約束。

ミュージカルものはそんなに拒否感なくなってる俺だが、やはりこれもそこそこ楽しめた。
練習してるなーという雰囲気が嫌いじゃないというか…なんだろう。

ところで映画版オリジナルのユマ・サーマンですが、ユマ・サーマンがやばいと思った。このユマ・サーマンを見るためにこの映画を観てもいいと思った。

なんつうか、巨大な美女ってのはこういうことか、という感じ。