松本清張全集9

松本清張全集9

松本清張全集9「黒の様式」を読んだ。

短編集。全体的にはいまいち。

・歯止め
・犯罪広告
・微笑の儀式
・二つの声
・弱気の虫
・内海の輪
・死んだ馬

全体的に普通。そんなに面白いのはない。
「犯罪広告」「弱気の虫」「死んだ馬」はまあまあ面白かったか。

それらは犯罪に至る動機のプロセスがしっかりあってよかった。
それ以外は、中途半端だったりトリックに重点を置いていて好きじゃない。

「弱気の虫」の前半。麻雀に負け続け借金がふくらんでいく某省の課長補佐の描写はとても面白かった。「犯罪広告」も告発文は面白かったし、死体が埋まってると主張する民家の床を掘り返すくだりは良かった。結末がいまいちなのが残念。

あたりではないなあ。

関連記事

松本清張全集13 松本清張全集13「黒い福音」を読んだ。 併録は「アムステルダム運河殺人事件」「セント・アンドリュースの事件」「『スチュワーデス殺し』論」だ。 ...
松本清張全集1 「松本清張全集1」を読んだ。 収録されているのは「点と線」「時間の習俗」「影の車」である。 「点と線」「時間の習俗」それぞれ、アリバイトリックも...
松本清張全集17 松本清張全集17「北の詩人・象徴の設計」を読んだ。 「小説帝銀事件」も併録。   …といっても、ちゃんと読みきったのは「小説帝銀事件」のみ...
松本清張全集18 松本清張全集18「波の塔」を読んだ。 これは何というか、ドラマのノベライズのようだった。もしかしたら読んだことがなかったのかもしれない。 ミ...
松本清張全集4 松本清張全集4「黒い画集」を読んだ。 これは連作中短編。それぞれに関連性はないという作品集。昭和33年から35年にかけて週刊朝日で連載された。 ...
松本清張全集10 松本清張全集10「黒の図説」を読んだ。 黒の…ばっかりだ。また短編集。 ・速力の告発 ・分離の時間 ・鴎外の婢 ・書道教授 ・六畳の...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です