セクレタリアト/奇跡のサラブレッド

「セクレタリアト/奇跡のサラブレッド」を観た。

ダイアン・レイン、ジョン・マルコヴィッチ、ジェームズ・クロムウェル、スコット・グレン。平均年齢高すぎだ。

最初はねー…原題「Secretariat」を見て、「秘書」と勘違いしたんだな。だから、ジョン・マルコヴィッチの秘書がダイアン・レインで、なんかそれらしいシーンもありのサスペンスなんかなあとか思ってたよ。全然違うのですね。セクレタリアトというのは伝説の競走馬なんですね。

セクレタリアト – Wikipedia

なんといっても、競馬をモチーフにした素晴らしい映画としては「シービスケット」があるわけだ。あれは良い映画だった。
本作も、それに負けず劣らずのシーンがあった。それは主にレース中の場面であり、ハンディカメラっぽいような映像も使いながら、かなり迫力あるレースシーンを見せていたと思う。
ただ、「シービスケット」の素晴らしさは、実在のジョッキーが素晴らしい演技を見せていたことなどもあるので、あちらのほうが上だとは思ってしまう。

それでも、こんな凄い馬がいたんだねということを教えてくれるので映画は素晴らしいと思うし、まあダイアン・レインの老け方も相当のものだが、それでもこういう主演映画がまわってくるのが素晴らしいことだと思う。

しかし強い馬だったね。

 

関連記事

最後の初恋 「最後の初恋」を観た。 あの「運命の女」のコンビ再び、である。 なんかなあ、最後の、初恋、っていうくらいですからねえ。ラブストーリーなんでしょう...
シッピング・ニュース 「シッピング・ニュース」を観た。 安心のラッセ・ハルストレム監督作品である。2001年の作品。我が家ではラッセ・ハルストレム監督作なら安心...
堕ちた天使たち Vol.1 ダイアン・レインといえば、この映画がうちにはある。 「堕ちた天使たち Vol.1」とある。 「Vol.2」もある。どちらもビデオだ。昔、つくばの...
ある貴婦人の肖像 「ある貴婦人の肖像」を観た。 ニコール・キッドマン。俺はこれ観たことなかった。 ジョン・マルコヴィッチ、バーバラ・ハーシーのほか、脇役で...
リトル・ロマンス 「リトル・ロマンス」を観た。 1979年の映画。ダイアン・レインの映画デビュー作ということだ。 典型的なボーイ・ミーツ・ガールである。少...
ボーン・レガシー 「ボーン・レガシー」を観た。 ボーンシリーズの最新作。ということだが、これまでの監督ではなく、脚本のトニー・ギルロイが監督を兼ねている。 ...