もしも昨日が選べたら

もしも昨日が選べたら

「もしも昨日が選べたら」を観た。

アダム・サンドラー、ケイト・ベッキンセール、そいでクリストファー・ウォーケン。
面白かったなー。良かったなーという感想。

コメディなのでパロディやら下ネタやらありますが、それでも良かったなーという。
なんかいい映画だった。

 
都合の良いように選択していったら、思わぬしっぺ返しを食らって、人生がとんでもないことに…という話なんですが、まあ観てみることだ。
こんなのつまんないよ!という人はいると思うけど、なーんかあれだ、ベタなコメディって鉄板な気がするな本当に。

アダム・サンドラーはかなり達者だと感心したものだった。
ケイト・ベッキンセールは非常にお美しい。

 
唯一、けしからんところと言えば、主人公アダム・サンドラーが現状への不満を爆発させていく過程(オープニング)において、「仕事で順調でトップからパートナーに選ばれるほどで、それで家に帰ったら奥さんがケイト・ベッキンセールで、しかもケイト・ベッキンセールは非常に刺激的な格好をしていて、そんな日常の、どこに不満があるのだお前は!」とDVDを叩き割ってやろうかと思ってしまったくらいで、それでもオープニングを終えた後のストーリーの没入感は、たいしたものだと思ったのだった。

 
面白かったです。

 
もしも昨日が選べたら [DVD]
B002EBW7WM

関連記事

2012 「2012」を観た。 随分前に一度観ている。今回は子供と観た。 二時間半以上ある大作。ローランド・エメリッヒによるザ・エンターテインメン...
アリス・クリードの失踪 「アリス・クリードの失踪」を観た。 誘拐の話。誘拐する二人の男と、誘拐される一人の女。それだけ。三人しか出てこない。 その中でも駆け引き...
リトル・ミス・サンシャイン 「リトル・ミス・サンシャイン」を観た。 いい映画だったな。 わりとベタなロードムービーだし何が新しいってわけでもないが、いい映画だった。 ...
「僕の戦争」を探して 『「僕の戦争」を探して』を観た。 スペイン映画。スペイン映画といえばゴヤ賞だが、本作は作品賞をはじめ各賞を総ナメにしたとのことだ。どうも実...
マラヴィータ 「マラヴィータ」を観た。 ロバート・デ・ニーロ、ミシェル・ファイファー、トミー・リー・ジョーンズ。あと「glee」のチアリーダーとか。 ...
レミーのおいしいレストラン 「レミーのおいしいレストラン」を観た。 ピクサー作品。これは初めて観た。 やはりさすがのピクサー作品だと思った。面白かった。 ネズ...