逃走車

「逃走車」を観た。

Vehicle 19

主演はPaul Walkerで、製作も兼ねている。どうにも車でかっとばすイメージが根付いているところを払拭しようとしたのかどうか、本作もテーマは車である。逃走車。なるほどね。さすがにレンタカーではタイトルになりませんかね。

この作品、宣伝でもやたら言われているが、全編車中からの視点という描かれ方となっている。前知識ない状態で観てる(いつものことだ)ので、それは途中から気づく。「おお、この映画ってずーっと車の中だけでやるっぽいね」

登場人物たちが車から出ていったとしても、車のなかにカメラが居続けるわけだ。空港で借りたレンタカーが手違いでおまけに銃が入ってたり後部に人が縛られていたりと、なんじゃこりゃという設定から始まり、思いっきり巻き込まれ型の逃走劇というわけ。

話としてはよくある感じだが、この車中からの視点オンリーで行くというところでかなり斬新な造りになっている。よくもまあうまく作るねーと感心させられる。

一番最後にカメラは車の外に出てしまうのだけどね…なんであそこ出ちゃったんだろうなあ。あのまま車中で終わったほうが良かったように思った。

 
逃走車 [DVD]

逃走車 [DVD]
オブリビオン (サントラ・ショートエディションCD付き)(初回生産限定) [DVD] LOOPER/ルーパー [DVD] フリーランサー NY捜査線 [DVD] アウトロー [DVD] フライト [DVD]
by G-Tools