熱帯魚

熱帯魚

吉田修一「熱帯魚」を読んだ。

短編3つがおさめられている。
どれもこれも、吉田修一ワールドという感じなのだろうか。文学っぽいんだがはっきりしない。

悪くはない。けど爽やかな読後感は得られない。ので、ちょいフラストレーションはたまる。

あれっすね、読んで思ったけど、吉田修一の文章って、国語の教科書とか試験に載りそうですね。
「このように言った主人公の気持ちを30字以内で答えなさい」とか。

悪くはない。でもすっきりしないんだよなあ。はっきり言って、むちゃくちゃな主人公ばっかりだし。
面白いことは面白いんだが、これだけを読みたいってわけじゃないな。

関連記事

パーク・ライフ 吉田修一「パーク・ライフ」を読んだ。 表題作「パーク・ライフ」と「flowers」の二本立て。「パーク・ライフ」で芥川賞受賞。 …そうす...
最後の息子 吉田修一「最後の息子」を読んだ。 短編集。「最後の息子」「破片」「Water」をおさめる。 どれもさらっと読める短編。 なにげなく関連する...
女たちは二度遊ぶ 吉田修一「女たちは二度遊ぶ」を読んだ。 タイトルの意味はよくわからないが、短編集。様々な女性がモチーフとなった短編集… 世の評価は知らないが、面...
2006年下半期の読んだ本と、2006年全体のベストをやってみる... 2006年下半期の読んだ本と、2006年全体のベストをやってみる。 上半期もやったし。 前回と同様に、対象となるのは「7月から12月でこのページに書...
2007年上半期に読んだ本 忘れてたが、2007年1月?6月に読んだ小説。   吉田修一「悪人」 吉田修一「女たちは二度遊ぶ」 吉田修一「ランドマーク」 奥田英朗「家日和...
東京湾景 吉田修一「東京湾景」を読んだ。 なんかドラマっぽい展開だなあ。ドラマになりやすそうだなあ、と思いながら読み終えた。 あ、ドラマになってるんですか...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です