玉蘭

玉蘭

桐野夏生「玉蘭」を読んだ。

なんか桐野夏生ってたくさん読んでみたいとは思ってるんだけど、軽い読み物に慣れてしまった体質には厳しいものがあり、今回は久しぶりに読む機会となった。

何を読んでいいのかわからず、適当にこの「玉蘭」を。

 
読み始めてしばらくして、後悔。なんか読みにくい。現在と昔の中国が舞台で二組の男女が交錯するんだけど…こういうの好きじゃないんだよなあ。いや二つの時代が交錯するのは嫌いじゃない(むしろ好きだ)んだけど、中国ってのが…
いや別に中国が嫌いなわけじゃないですよ。好きでもないけど。ただ、読みにくい。土地勘もないし距離感もないし。

舞台を日本にしてくれよと思った。

 
むちゃくちゃだけど。

だけど日本じゃ居場所がないから、上海に語学留学に来て、それで日本人寮に引きこもってそれでなんかレイプ未遂があったりして…って、これってどうなのよ。上海の人に失礼じゃないのかなあと思ったり。

 

関連記事

東京島 桐野夏生「東京島」を読んだ。 桐野夏生が「LOST」を作ったらこうなるっていう。 そんな世界観がばっちりです。暴力・SEX・コミュニティ・アイデ...
光源 桐野夏生「光源」を読んだ。 ある映画を作る現場のドタバタ。何人かの思惑とかが絡みあう。 最近の、読み応えがあるものとは違うなと感じた。 軽...
柔らかな頬 桐野夏生「柔らかな頬」を読んだ。 微妙だったが、それなりの読後感。でも疲れた。 すっげー面白い、ということはなかった。 前半部分はかなりう...
顔に降りかかる雨 桐野夏生「顔に降りかかる雨」を読んだ。 乱歩賞受賞作。 ということで、かなり初期のものだろう。 なんといいますか、実に乱歩賞なのです。これ...
錆びる心 桐野夏生「錆びる心」を読んだ。 短編集。そんなまとまりは無い。 桐野夏生ってそんな読んでるわけじゃないし、めちゃくちゃ好きってわけでもないかな。...
I’m sorry, mama 桐野夏生「I'm sorry, mama」を読んだ。 なかなか面白かった。 最後のほうめちゃくちゃだったけど。 置屋に生まれて、誰が親だか...