密室殺人ゲーム王手飛車取り

密室殺人ゲーム王手飛車取り

歌野晶午「密室殺人ゲーム王手飛車取り」を読んだ。

なんというタイトル…歌野晶午は売れる気ないんか?
待望の新刊である。なにかしら期待を裏切ってくれる。

 
結構ボリュームがあったが、あっというまに読み終えた。
面白かった。

 
見事に叙述でした。
あれは途中とかで気づいて良さそうなものだったが、最近のぬるい読書生活に浸ったせいか、見抜けなかった。
しっかり騙された。

 
終わりも…まあ、ああいう終わり方もありかな?
もう少し勢いよく締めてほしかった気持ちもありますが。

 
叙述ものなんで、内容を書きようがない。
とにかく読んでみることです。

 
歌野晶午、もっと発表ペースをあげてくれないだろうかね。

 

密室殺人ゲーム王手飛車取り
歌野 晶午

天帝のはしたなき果実 ηなのに夢のよう ウルチモ・トルッコ 犯人はあなただ ! スロウハイツの神様(上) スロウハイツの神様(下)
by G-Tools

 

関連記事

最悪 奥田英朗「最悪」を読んだ。 力作だと思った。すげー面白い、というほどではないけど続きが気になってどんどん読んでしまった。時間が許せばワン・シッティ...
SAW 「SAW」を観た。 ちょっとすっきりしない後味。 途中まで、「あーよくある猟奇ものか。こういう映像はやってるよなー」的にだらっと観られて、こんな...
2006年下半期の読んだ本と、2006年全体のベストをやってみる... 2006年下半期の読んだ本と、2006年全体のベストをやってみる。 上半期もやったし。 前回と同様に、対象となるのは「7月から12月でこのページに書...
ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎「ゴールデンスランバー」を読んだ。 図書館に予約入れてから随分と待たされた。 なかなか面白かった。 クライムノベルというか、他の...
ジェシカが駆け抜けた七年間について... 歌野晶午「ジェシカが駆け抜けた七年間について」を読んだ。 一気に読んでしまった。ということは、面白かったのだろう。 最後のほうまでどのように転が...
誰でもない男の裁判 A.H.Z.カー「誰でもない男の裁判」を読んだ。 面白かった。世界初の短編集らしい。エラリー・クイーン・ミステリマガジン入選作などがおさめられてい...