密室殺人ゲーム王手飛車取り

密室殺人ゲーム王手飛車取り

歌野晶午「密室殺人ゲーム王手飛車取り」を読んだ。

なんというタイトル…歌野晶午は売れる気ないんか?
待望の新刊である。なにかしら期待を裏切ってくれる。

 
結構ボリュームがあったが、あっというまに読み終えた。
面白かった。

 
見事に叙述でした。
あれは途中とかで気づいて良さそうなものだったが、最近のぬるい読書生活に浸ったせいか、見抜けなかった。
しっかり騙された。

 
終わりも…まあ、ああいう終わり方もありかな?
もう少し勢いよく締めてほしかった気持ちもありますが。

 
叙述ものなんで、内容を書きようがない。
とにかく読んでみることです。

 
歌野晶午、もっと発表ペースをあげてくれないだろうかね。

 

密室殺人ゲーム王手飛車取り
歌野 晶午

天帝のはしたなき果実 ηなのに夢のよう ウルチモ・トルッコ 犯人はあなただ ! スロウハイツの神様(上) スロウハイツの神様(下)
by G-Tools

 

関連記事

2008年下半期に読んだ本と、2008年のベスト... 2008年の下半期に読んだ本と、上半期をあわせて一番面白かった本は。 いつも通り、対象となるのは7月-12月に読んだ本で、小説。 石持浅海「ガーディアン...
猿の惑星 「猿の惑星」を観た。 観たのは2回目くらいか?中学だか高校のころにテレビで観たような… この後、次々と続編が作られて全部で5作のシリーズとなって...
世界の終わり、あるいは始まり 歌野晶午「世界の終わり、あるいは始まり」を読んだ。 なんというか不思議な本だった。 連続殺人事件があって、我が子がその犯人らしいと気づいて、父親...
2007年下半期に読んだ本と、2007年全体のベスト... 2007年下半期に読んだ本と、2007年全体のベスト。 あまり本を読めなかった。なぜだろう… 図書館で予約待ちになってる待機時間が多かった。その間は雑誌...
誰でもない男の裁判 A.H.Z.カー「誰でもない男の裁判」を読んだ。 面白かった。世界初の短編集らしい。エラリー・クイーン・ミステリマガジン入選作などがおさめられてい...
さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 山田真哉「さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学」を読んだ。 タイトルに惹かれて買ったのだが内容も良かった。面白く読めた。 ...