密室殺人ゲーム王手飛車取り

密室殺人ゲーム王手飛車取り

歌野晶午「密室殺人ゲーム王手飛車取り」を読んだ。

なんというタイトル…歌野晶午は売れる気ないんか?
待望の新刊である。なにかしら期待を裏切ってくれる。

 
結構ボリュームがあったが、あっというまに読み終えた。
面白かった。

 
見事に叙述でした。
あれは途中とかで気づいて良さそうなものだったが、最近のぬるい読書生活に浸ったせいか、見抜けなかった。
しっかり騙された。

 
終わりも…まあ、ああいう終わり方もありかな?
もう少し勢いよく締めてほしかった気持ちもありますが。

 
叙述ものなんで、内容を書きようがない。
とにかく読んでみることです。

 
歌野晶午、もっと発表ペースをあげてくれないだろうかね。

 

密室殺人ゲーム王手飛車取り
歌野 晶午

天帝のはしたなき果実 ηなのに夢のよう ウルチモ・トルッコ 犯人はあなただ ! スロウハイツの神様(上) スロウハイツの神様(下)
by G-Tools

 

関連記事

虚貌 雫井脩介「虚貌」を読んだ。 バイト先の人に「これは面白い。読み出したら止まらない」と言われ、貸してもらった本だ。俺にとって全く無名の作家というか、...
メリーゴーランド 荻原浩「メリーゴーランド」を読んだ。 なんだかんだ言って荻原浩を読みまくっているな。 不思議だが…なんだろう。正直、傑作ぞろいだとは思わないけれ...
Apple II 1976-1986 「Apple II 1976-1986」を読んだ。 面白かった。充実した内容であった。 Windowsが本格登場する以前、Apple II とい...
クラインの壷 岡嶋二人「クラインの壷」を読んだ。 氏の評価が高いものを読んでいる。よりぬき。 「そして扉は閉ざされた」は面白かった。「99%の誘拐」は、まあま...
愚行録 貫井徳郎「愚行録」を読んだ。 子供二人を含む一家惨殺事件があって、その事件の要因とかが少しずつ明らかになっていく。インタビュー形式の構成。 嫌い...
チルドレン 伊坂幸太郎「チルドレン」を読んだ。 面白かった。あっぱれだった。 二つの時間軸での短編集。なんか繋がってる。 陣内 というキャラクター...