コリドー

「コリドー」を観た。

The Corridor

コリドーとはCorridorのことで、廊下とか回廊の意味だ。廊下とか回廊だったら「コリドール」じゃないのかなあと思うのだが、発音的にはコリドーで良いようだ。また、カタカナ充てでもコリドーと書く場合もある。

なんか冒頭にスリラーっぽい感じのオープニングがあり、そこから数年経ちましたという設定。そこは雪景色の中の山荘で、かつての友達が集まって再開したというわけ。もう何か起きそうである。
最初「ドリームキャッチャー」のようだなあと思わなくもない。あれは序盤の最高の雰囲気から一転、途中からトンデモ映画であった。

雪景色の中で謎の光る回廊(コリドー)を見つけ、そこにいると不思議なパワーが湧いてくるということで、何か憑りつかれてしまうような主人公たち。どことなく被爆してるような描写がなくもない。
そして何だかわからないままに殺し合いを始めるのであった… という話だ。

ま、観てる途中から「これもドリームキャッチャーか…」という落胆が、確かにあった。ジェノサイドになってからはかなり展開も雑だし、心理描写も駆け引きも何もないのである。スリラーなのかサスペンスなのかホラーなのか、どれもはっきりしない感じ。ただ低予算ですって感じだけが明確。

やっぱり主人公をはっきりしてもらいたいのだ。誰を追いかけておけばよいのかブレると、ストーリー性が格段に弱くなると思うのだが、そのあたりどうなんだろう。
話はスピーディだし、珍しい着想ではあると思うので、なんだか微妙にもったいない感じで終わった。惜しい。

 
コリドー [DVD]

コリドー [DVD]
フッテージ [Blu-ray] テール しっぽのある美女 [DVD] リンカーン [Blu-ray] ビジター [DVD] スマイリー [DVD]
by G-Tools