ドント・ブリーズ

「ドント・ブリーズ」を観た。

2016年の作品。
いやーなかなか力作だったのでは。惹き付けられた。90分弱の短い作品ながら、サスペンスがっつりでしたよ。

他人の家に空き巣に入ることを繰り返す少年少女のグループ3人。ある盲人の家に忍び入り、大金を盗もうとするが…ということで、最初観る前はホラー映画かなにかと予想していたが理詰めのサスペンスなのです。

盲人が元軍人で対人格闘スキルが高いこととか、謎の地下室とか、いろんな要素がある。果たして少年少女の運命はという話で、いちおう少年少女が善、盲人が悪という構造にしている。この構造が最初から最後まで喉に引っかかる小骨のように映画全体に違和感を落とす。いや盗みはいかんでしょとか。

それにしても真っ暗になった地下室で少年少女はパニックになるんだが、盲人はいつもの如く超感覚で相手を探す。あのシーンは凄かった。

最後の最後までどうなるか読めない展開。
面白かった。面白かったっていう感想は適切じゃないかもしれないけど、映画として凄みがありました。おすすめ。

関連記事

サイレントヒル 「サイレントヒル」を観た。 何度も観てる(もう10年で4回目だ)。 感想は以前観たときと一緒。非常に面白い。主な要因は、ラダ・ミッチェル...
2011年下半期に観た映画と、2011年のベスト... (参考リンク) 2011年上半期に観た映画とベスト 2010年下半期に観た映画と、2010年のベスト 2010年上半期に観た映画とベスト 2009年下半...
カプリコン・1 「カプリコン・1」を観た。 やっと観た、という映画。子供の頃から気になっていたけど、観る機会がなかった。なんか面白いらしい評判は聞いているが、昔の...
瞳の奥の秘密 「瞳の奥の秘密」を観た。 2009年のアルゼンチン映画。出演者はよくわからない。アカデミー賞で外国語映画賞を受賞している実力作。 いやは...
ハングオーバー!!! 最後の反省会 「ハングオーバー!!! 最後の反省会」を観た。 まさかの第三弾。確か前作(第二弾)を観たときは、第一弾とまったく同じ構成をなぞることに、や...
セルラー 「セルラー」をまた観た。 以前は気づかなかったけど、キム・ベイシンガーを助けようと奮闘する主人公の男は「ファンタスティック・フォー」の男か。 ク...