フィッシュストーリー

伊坂幸太郎「フィッシュストーリー」を読んだ。

図書館で予約したのはいつのことだったか…えらく待たされて、やっと借りられたのである。
とんでもなく長い時間待ったにも関わらず、読むのは一瞬だ。

4つの短編からなる作品集。連作短編ではない。

「フィッシュストーリー」「ポテチ」が良かった。
伊坂幸太郎の作品は久しぶりだけど、実に伊坂幸太郎テイストなのである。

クオリティは高く、読後感が爽やか。
誰かに薦めたくなる。もっと別のを読んでみたい、などなど。

ベタ褒めだ!
どうしても「ここが決定的に駄目だ」という点が見当たらない作家なのである。

 
何が困るって、もうほとんど伊坂幸太郎の本で読むものがないってことだ。
(長編は、全部読んだのではないだろうか)

 

フィッシュストーリー
伊坂 幸太郎

終末のフール 陽気なギャングの日常と襲撃 砂漠 死神の精度 魔王
by G-Tools