フィッシュストーリー

フィッシュストーリー

伊坂幸太郎「フィッシュストーリー」を読んだ。

図書館で予約したのはいつのことだったか…えらく待たされて、やっと借りられたのである。
とんでもなく長い時間待ったにも関わらず、読むのは一瞬だ。

4つの短編からなる作品集。連作短編ではない。

「フィッシュストーリー」「ポテチ」が良かった。
伊坂幸太郎の作品は久しぶりだけど、実に伊坂幸太郎テイストなのである。

クオリティは高く、読後感が爽やか。
誰かに薦めたくなる。もっと別のを読んでみたい、などなど。

ベタ褒めだ!
どうしても「ここが決定的に駄目だ」という点が見当たらない作家なのである。

 
何が困るって、もうほとんど伊坂幸太郎の本で読むものがないってことだ。
(長編は、全部読んだのではないだろうか)

 

フィッシュストーリー
伊坂 幸太郎

終末のフール 陽気なギャングの日常と襲撃 砂漠 死神の精度 魔王
by G-Tools

 

関連記事

静かな爆弾 吉田修一「静かな爆弾」を読んだ。 なかなか面白かった。 吉田修一の最高傑作ではないけれど、いつもいつもクオリティ高めだなあ。 番組制作をす...
パーク・ライフ 吉田修一「パーク・ライフ」を読んだ。 表題作「パーク・ライフ」と「flowers」の二本立て。「パーク・ライフ」で芥川賞受賞。 …そうす...
誰でもない男の裁判 A.H.Z.カー「誰でもない男の裁判」を読んだ。 面白かった。世界初の短編集らしい。エラリー・クイーン・ミステリマガジン入選作などがおさめられてい...
初恋温泉 吉田修一「初恋温泉」を読んだ。 この作者の本には基本的に外れが少ないと思う。 これもさらっと読める軽いものだったけど、良い作品でした。 い...
火の粉 雫井脩介「火の粉」を読み終えた。 うーん、最後は地味だった。 なんというか、ひねったとこはなく、王道のドラマのようであった。簡単にテレビ化できそうな...
チェーン・ポイズン 本多孝好「チェーン・ポイズン」を読んだ。 面白かった。 自殺を考えてる人と、複数の自殺に関連性を感じて調査する人と、2つの物語が進む話。 ...