フィッシュストーリー

フィッシュストーリー

伊坂幸太郎「フィッシュストーリー」を読んだ。

図書館で予約したのはいつのことだったか…えらく待たされて、やっと借りられたのである。
とんでもなく長い時間待ったにも関わらず、読むのは一瞬だ。

4つの短編からなる作品集。連作短編ではない。

「フィッシュストーリー」「ポテチ」が良かった。
伊坂幸太郎の作品は久しぶりだけど、実に伊坂幸太郎テイストなのである。

クオリティは高く、読後感が爽やか。
誰かに薦めたくなる。もっと別のを読んでみたい、などなど。

ベタ褒めだ!
どうしても「ここが決定的に駄目だ」という点が見当たらない作家なのである。

 
何が困るって、もうほとんど伊坂幸太郎の本で読むものがないってことだ。
(長編は、全部読んだのではないだろうか)

 

フィッシュストーリー
伊坂 幸太郎

終末のフール 陽気なギャングの日常と襲撃 砂漠 死神の精度 魔王
by G-Tools

 

関連記事

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 山田真哉「さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学」を読んだ。 タイトルに惹かれて買ったのだが内容も良かった。面白く読めた。 ...
日曜日たち 吉田修一「日曜日たち」を読んだ。 面白かった。読んでよかった。 連作短編。なんてことない日常が綴られてなんてことなく話は進行する。軽いんだが、読...
容疑者Xの献身 「容疑者Xの献身」を観た。 邦画を観るのって何年ぶりなんだろう。 この前、テレビでこの作品を上映していて、ついついちょいちょい見てしまい...
冷蔵庫より愛をこめて 阿刀田高「冷蔵庫より愛をこめて」を読んだ。 久しぶりに読んだ。阿刀田高の初期短編集だ。 これは世の中の評価はそれなりに高く、俺も初めて読んだとき...
空飛ぶタイヤ 池井戸潤「空飛ぶタイヤ」を読んだ。 面白かった。 フィクションであり、小説であり、ですが。でもこれは、2004年の「三菱ふそうリコール隠し」のこ...
プラネット・グーグル 「プラネット・グーグル」を読んだ。 面白かった。 グーグルの10年の歴史をだーっと解説していくんだが、取材やら引用やら、実によく調べたなあという...