フィッシュストーリー

フィッシュストーリー

伊坂幸太郎「フィッシュストーリー」を読んだ。

図書館で予約したのはいつのことだったか…えらく待たされて、やっと借りられたのである。
とんでもなく長い時間待ったにも関わらず、読むのは一瞬だ。

4つの短編からなる作品集。連作短編ではない。

「フィッシュストーリー」「ポテチ」が良かった。
伊坂幸太郎の作品は久しぶりだけど、実に伊坂幸太郎テイストなのである。

クオリティは高く、読後感が爽やか。
誰かに薦めたくなる。もっと別のを読んでみたい、などなど。

ベタ褒めだ!
どうしても「ここが決定的に駄目だ」という点が見当たらない作家なのである。

 
何が困るって、もうほとんど伊坂幸太郎の本で読むものがないってことだ。
(長編は、全部読んだのではないだろうか)

 

フィッシュストーリー
伊坂 幸太郎

終末のフール 陽気なギャングの日常と襲撃 砂漠 死神の精度 魔王
by G-Tools

 

関連記事

最悪 奥田英朗「最悪」を読んだ。 力作だと思った。すげー面白い、というほどではないけど続きが気になってどんどん読んでしまった。時間が許せばワン・シッティ...
2008年上半期に読んだ本 まるで忘れてしまってた。2008年上半期に読んだ本の総ざらえ。 対象となるのはいつものごとく、1月-6月に読んだ「小説」。   恩田陸「夜のピクニ...
プリズム 貫井徳郎「プリズム」を読んだ。 好きか嫌いか、はっきりわかれると思う。 そういう作品であることは間違いない。 俺は、こういうのはありだと思...
マドンナ 奥田英朗「マドンナ」を読んだ。 面白かった。今、読むから面白いのだろう。 そそる話が詰まってるのかと思いきや、そういうのではなかった。 ...
追憶のかけら 貫井徳郎「追憶のかけら」を読んだ。 最後はちょっと雑な印象もあるが、全般的に力作。あっという間に読み進めた。 途中のボリュームのある手記がすごい...
邪魔 奥田英朗「邪魔」を読んだ。 長い。そして力作。 「最悪」を超えるインパクトは無かったけど、ぐいぐい読んだ。 なんでこうもごろごろ転がるかな...