2007年上半期に読んだ本

忘れてたが、2007年1月?6月に読んだ小説。

 

吉田修一「悪人」
吉田修一「女たちは二度遊ぶ」
吉田修一「ランドマーク」
奥田英朗「家日和」
奥田英朗「ガール」
荻原浩「明日の記憶」
荻原浩「メリーゴーランド」
松本清張全集16「地の骨」
松本清張全集14「わるいやつら」
池井戸潤「空飛ぶタイヤ」
東野圭吾「赤い指」
柴崎友香「その街の今は」
青山七恵「窓の灯」
松尾スズキ「クワイエットルームにようこそ」
舞城王太郎「暗闇の中で子供」
白石一文「僕のなかの壊れていない部分」

16作品。うわー読むペース落ちたな。
よっぽど昨年は暇だったのでしょう。

 

この中からそこそこ面白かったのは、

吉田修一「女たちは二度遊ぶ」
奥田英朗「ガール」
荻原浩「明日の記憶」
池井戸潤「空飛ぶタイヤ」

と、こんな感じ。
ベスト3も何もないですな、こんな少ないと。
この中では…やはり吉田修一「女たちは二度遊ぶ」ですかね。

 
おそらく下半期はもっと少なくなるだろうなあ。

 

女たちは二度遊ぶ
吉田 修一

初恋温泉 ひなた 悪人 7月24日通り 春、バーニーズで
by G-Tools

 

関連記事

2006年下半期の読んだ本と、2006年全体のベストをやってみる... 2006年下半期の読んだ本と、2006年全体のベストをやってみる。 上半期もやったし。 前回と同様に、対象となるのは「7月から12月でこのページに書...
崩れる 貫井徳郎「崩れる」を読んだ。 夫婦をモチーフに短編集。 なんかしらの心の機微とか、すれ違いとか、崩壊とか。 実に「世にも奇妙な物語」っぽい...
松本清張全集10 松本清張全集10「黒の図説」を読んだ。 黒の…ばっかりだ。また短編集。 ・速力の告発 ・分離の時間 ・鴎外の婢 ・書道教授 ・六畳の...
初恋温泉 吉田修一「初恋温泉」を読んだ。 この作者の本には基本的に外れが少ないと思う。 これもさらっと読める軽いものだったけど、良い作品でした。 い...
最悪 奥田英朗「最悪」を読んだ。 力作だと思った。すげー面白い、というほどではないけど続きが気になってどんどん読んでしまった。時間が許せばワン・シッティ...
サウスバウンド 奥田英朗「サウスバウンド」を読んだ。 なんか最近は奥田英朗ばっかりだな。 前半と後半で、がらりと舞台が変わる。 ずいぶんと変わるのだ。...