忘れてたが、2007年1月?6月に読んだ小説。

 

吉田修一「悪人」
吉田修一「女たちは二度遊ぶ」
吉田修一「ランドマーク」
奥田英朗「家日和」
奥田英朗「ガール」
荻原浩「明日の記憶」
荻原浩「メリーゴーランド」
松本清張全集16「地の骨」
松本清張全集14「わるいやつら」
池井戸潤「空飛ぶタイヤ」
東野圭吾「赤い指」
柴崎友香「その街の今は」
青山七恵「窓の灯」
松尾スズキ「クワイエットルームにようこそ」
舞城王太郎「暗闇の中で子供」
白石一文「僕のなかの壊れていない部分」

16作品。うわー読むペース落ちたな。
よっぽど昨年は暇だったのでしょう。

 

この中からそこそこ面白かったのは、

吉田修一「女たちは二度遊ぶ」
奥田英朗「ガール」
荻原浩「明日の記憶」
池井戸潤「空飛ぶタイヤ」

と、こんな感じ。
ベスト3も何もないですな、こんな少ないと。
この中では…やはり吉田修一「女たちは二度遊ぶ」ですかね。

 
おそらく下半期はもっと少なくなるだろうなあ。

 

女たちは二度遊ぶ
吉田 修一

初恋温泉 ひなた 悪人 7月24日通り 春、バーニーズで
by G-Tools