2007年上半期に読んだ本

忘れてたが、2007年1月?6月に読んだ小説。

 

吉田修一「悪人」
吉田修一「女たちは二度遊ぶ」
吉田修一「ランドマーク」
奥田英朗「家日和」
奥田英朗「ガール」
荻原浩「明日の記憶」
荻原浩「メリーゴーランド」
松本清張全集16「地の骨」
松本清張全集14「わるいやつら」
池井戸潤「空飛ぶタイヤ」
東野圭吾「赤い指」
柴崎友香「その街の今は」
青山七恵「窓の灯」
松尾スズキ「クワイエットルームにようこそ」
舞城王太郎「暗闇の中で子供」
白石一文「僕のなかの壊れていない部分」

16作品。うわー読むペース落ちたな。
よっぽど昨年は暇だったのでしょう。

 

この中からそこそこ面白かったのは、

吉田修一「女たちは二度遊ぶ」
奥田英朗「ガール」
荻原浩「明日の記憶」
池井戸潤「空飛ぶタイヤ」

と、こんな感じ。
ベスト3も何もないですな、こんな少ないと。
この中では…やはり吉田修一「女たちは二度遊ぶ」ですかね。

 
おそらく下半期はもっと少なくなるだろうなあ。

 

女たちは二度遊ぶ
吉田 修一

初恋温泉 ひなた 悪人 7月24日通り 春、バーニーズで
by G-Tools

 

関連記事

オリンピックの身代金 奥田英朗「オリンピックの身代金」を読んだ。 一気に読んでしまった。 どんでん返しとかはない。直球で良質。 これは映画化を意識してるんだろうなあ...
東京湾景 吉田修一「東京湾景」を読んだ。 なんかドラマっぽい展開だなあ。ドラマになりやすそうだなあ、と思いながら読み終えた。 あ、ドラマになってるんですか...
パレード 吉田修一「パレード」を読んだ。 面白かった。 ちょっと非現実的な設定だけど、いかにもそれっぽく話が進んで、それが心地よいというか興味深く楽しめた...
山ん中の獅見朋成雄 舞城王太郎「山ん中の獅見朋成雄」を読んだ。 面白かった。 冒頭からわけがわからなくって、途中からますます意味不明な展開になっていって、でも面白か...
火の粉 雫井脩介「火の粉」を読み終えた。 うーん、最後は地味だった。 なんというか、ひねったとこはなく、王道のドラマのようであった。簡単にテレビ化できそうな...
ララピポ 奥田英朗「ララピポ」を読んだ。 これは…エロ小説か? いや、そこまででもないが。 そうか、そういうことか。奥田英朗が書きたかったのはこ...