静かな爆弾

静かな爆弾

吉田修一「静かな爆弾」を読んだ。

なかなか面白かった。
吉田修一の最高傑作ではないけれど、いつもいつもクオリティ高めだなあ。

番組制作をする男と、耳の不自由な女の物語。
ストーリーはオーソドックスで、まさにboy meets girlなんだが、細かい心情描写がこの作者ならではの達者な感じで読んでて心地よい。

全編とおして、どこか不安定な日常で、それが雰囲気たっぷりで惹きこまれる。

 
中盤のシーン、耳が不自由で背後で喧嘩してても気づかずに笑って手を振るというシーン、読んでてイメージがばーんと伝わってきて、実に映画でも観てるようでしたよ。
ありゃあいい場面だった。

 
あっという間に読み終わるし。ボリュームもいい感じでした。
 
(読後感は、まったく気分はよくならないけど)

 

関連記事

阿修羅ガール 舞城王太郎「阿修羅ガール」を読んだ。 俺は面白かったのです。(会社でそれを言うと、これのどこが面白いのか?と感性を疑われたのだが) うーん面白か...
山ん中の獅見朋成雄 舞城王太郎「山ん中の獅見朋成雄」を読んだ。 面白かった。 冒頭からわけがわからなくって、途中からますます意味不明な展開になっていって、でも面白か...
オーデュボンの祈り 伊坂幸太郎「オーデュボンの祈り」を読んだ。 不思議な話だったなあ。面白かった。 わりと大仕掛けはなく、不思議な話が不思議に終わった。 他の...
プラネット・グーグル 「プラネット・グーグル」を読んだ。 面白かった。 グーグルの10年の歴史をだーっと解説していくんだが、取材やら引用やら、実によく調べたなあという...
容疑者Xの献身 東野圭吾「容疑者Xの献身」を読んだ。 直木賞受賞作。そうすねえ、ここ最近のではかなり良いほうじゃないでしょうか。 面白かった。 叙述であり...
さよなら渓谷 吉田修一「さよなら渓谷」を読んだ。 なかなか面白かった。 この作者にしては珍しく、文学っぽくなかった。どちらかというと普通の小説っぽかった。 ...