チンギス・ハーンの一族

チンギス・ハーンの一族

陳舜臣の「チンギス・ハーンの一族」を読んでいる途中。

「十八史略」は宋の滅亡をもって終わり、「小説十八史略」では元のことにも少し触れてはいるものの、その先を読みたいと思っていたからなのだ。紀元前3000年の神話時代から王朝は交代していく。夏・殷・周・春秋戦国・秦・漢・隋・唐・宋・元・明・清とあってちょっと前までは春秋戦国とか三国誌が好きだったんだけど、最近は元がいい。なんつったってモンゴルから始まってチベット・中国・東南アジア・インド・ペルシャ・ロシアとかまで版図を広げてヨーロッパまで攻めるんだもんな。

それと並行して有吉佐和子「悪女について」を読む。これはもう何回目だろうか。30回くらい読んでるんじゃないか。一回この本をなくしてしまって、今持ってるのは買いなおしたやつなのだがそれもすでにボロボロだ。

関連記事

ホテルなどに、何故、聖書が置いてあるのか... 前々から一つ疑問があった。 「ホテルなどに、何故、聖書が置いてあるのか」 何か飲みの席で出た話題だった。そのとき、俺は「たぶん宗教上の理由とかじゃな...
ジェシカが駆け抜けた七年間について... 歌野晶午「ジェシカが駆け抜けた七年間について」を読んだ。 一気に読んでしまった。ということは、面白かったのだろう。 最後のほうまでどのように転が...
長崎乱楽坂 吉田修一「長崎乱楽坂」を読んだ。 実に吉田修一的だった。 これは代表作っぽいんですが、題名が面倒くさそうなので(なんという偏見)、読まないでいた...
山ん中の獅見朋成雄 舞城王太郎「山ん中の獅見朋成雄」を読んだ。 面白かった。 冒頭からわけがわからなくって、途中からますます意味不明な展開になっていって、でも面白か...
メタボラ 桐野夏生「メタボラ」を読んだ。 いや面白かった。 最後のほう、あれ?って感じにもなったけど、それでも全編夢中になって読んだ。 沖縄で記憶喪...
東京物語 奥田英朗「東京物語」を読んだ。 面白かった。軽くて楽しんで読めた。 まあよくある、著者の若いころのほろ苦い青春記、という類ですが… これは...