2009年上半期に読んだ本

1月-6月に読んだ本で、初めて読んだ本で、小説。
いつものルールでまとめてみる。

東野圭吾「流星の絆」
東野圭吾「ガリレオの苦悩」
東野圭吾「聖女の救済」
東野圭吾「パラドックス13」
貫井徳郎「修羅の終わり」
貫井徳郎「慟哭」
桐野夏生「光源」
桐野夏生「残虐記」
桜庭一樹「青年のための読書クラブ」
桜庭一樹「ファミリー・ポートレイト」
荻原浩「ちょいな人々」
荻原浩「愛しの座敷わらし」
本多孝好「チェーン・ポイズン」
本多孝好「MOMENT」
岡嶋二人「クラインの壷」
吉田修一「元職員」
石持浅海「BG、あるいは死せるカイニス」
伊坂幸太郎「モダンタイムス」
歌野晶午「そして名探偵は生まれた」
雫井脩介「犯罪小説家」

20作品。
ぜんぜん読んでないなあ。どうしたんだ。

この中から面白かったのだけ抜くと、

桜庭一樹「ファミリー・ポートレイト」
荻原浩「愛しの座敷わらし」
本多孝好「チェーン・ポイズン」
伊坂幸太郎「モダンタイムス」

これだけだとベスト3も何もないものだ。

「チェーン・ポイズン」が一番面白かったな。

関連記事

重力ピエロ 伊坂幸太郎「重力ピエロ」を読んだ。 いや面白かったねえ。 最後、ちょっとジーンとしてしまいましたよ。 特に大仕掛けもなく、ストレートな話。...
メタボラ 桐野夏生「メタボラ」を読んだ。 いや面白かった。 最後のほう、あれ?って感じにもなったけど、それでも全編夢中になって読んだ。 沖縄で記憶喪...
2006年下半期の読んだ本と、2006年全体のベストをやってみる... 2006年下半期の読んだ本と、2006年全体のベストをやってみる。 上半期もやったし。 前回と同様に、対象となるのは「7月から12月でこのページに書...
密室殺人ゲーム王手飛車取り 歌野晶午「密室殺人ゲーム王手飛車取り」を読んだ。 なんというタイトル…歌野晶午は売れる気ないんか? 待望の新刊である。なにかしら期待を裏切ってく...
フィッシュストーリー 伊坂幸太郎「フィッシュストーリー」を読んだ。 図書館で予約したのはいつのことだったか…えらく待たされて、やっと借りられたのである。 とんでもなく...
プラネット・グーグル 「プラネット・グーグル」を読んだ。 面白かった。 グーグルの10年の歴史をだーっと解説していくんだが、取材やら引用やら、実によく調べたなあという...