ワイルドシングス

ワイルドシングス

「ワイルドシングス」を観た。

一度観たことあったような。確かエロサスペンスだったはずだ。
デニス・リチャーズとネーブ・キャンベル。どこへ行ったんだろう。

どんでん返しの映画が観たくなったのだ。
それで、世の評価で「これぞどんでん返し」と言われてる映画を観ることにした。そうだったかなあ。これ、そんなにどんでん返しだったかなあ。エロサスペンスではなかったか?

観た。
ああ、すっかり忘れてたな。こんな話だったっけ。
エロサスペンスという程でもなかった。確かに取ってつけたような場面はありますがね。これは間違いなく、「どんでん返し」映画だな。

ところが。
その仕掛けが面白いかっていうと、そうでもない。
騙される快感てものは、ない。「さあ、ここからはどんでん返しを連続で行きますからね」という意図というか宣言めいたものが見え隠れして、そこからは話に集中できなくなった。というのも、「このエピソードも裏があって、実は…という感じなんだろうな」とかなると、誰を応援していいのかわからない。

また、最後に生き残った人にしても「ああ、この人が生き残ってよかった」とかの話じゃないので、「ああ、そうか、こいつか。まあそうなんだろうな」というくらいになってしまいます。

ケビン・ベーコンの丸出しはいかがなものか。
ビル・マーレイとか法廷シーンとかは、良かった。

 

関連記事

コンフィデンス 「コンフィデンス」を観た。 TSUTAYAでDVDジャケットを見るたびに、何となく気になっていた。面白いのかなあって。 勘違いしてたけど...
クラッシュ 「クラッシュ」を観た。 なんと前回観たのは6年前である。三回目の鑑賞。 ポール・ハギス脚本監督で実に優れたアンサンブル映画。出演はド...
ア・フュー・グッドメン 「ア・フュー・グッドメン」を観た。 海軍で起きた制裁行動が裁判沙汰になるという話。 昔の有名作ですが、なんと初めて観るのである。これまでなぜか観...
マイ・ライフ・メモリー 「マイ・ライフ・メモリー」を観た。 ナオミ・ワッツ主演。あとマット・ディロンとノーマン・リーダス。 DVDジャケットからは若干の爽やかさ...
慟哭 貫井徳郎「慟哭」を読んだ。 「慟哭」といえば貫井徳郎の代表作ですが、これを読んだことがあったかどうか、わからなくなっていた。 嫁は「読んでるわよ」と...
シングルス 「シングルス」を観た。 かなり昔に観た気はする。でも内容はまったく覚えてなかった。観て、こんな映画だったんだーと。 ジャケットが強烈だと...