リトル・ミス・サンシャイン

「リトル・ミス・サンシャイン」を観た。

いい映画だったな。
わりとベタなロードムービーだし何が新しいってわけでもないが、いい映画だった。

ダンスのシーン、ちょっとグッと来てしまった。

 
実際、何が新しいってわけでもないので書きようもない。
これでアラン・アーキンが助演男優賞を受賞で、子役の子が助演女優賞ノミネートですか…

でもどっちかって言えば、グレッグ・キニアだよなあ。彼が主演男優賞にノミネートされてないのか。
いやー獲らせてやれよとは思ったなあ。これでノミネートもされないなんて運が悪すぎやしないか?

 
トニ・コレットはずいぶんと…「シックス・センス」の頃に比べると。
まあそれはいいんだが。

 
いい映画でしたな。同年受賞の「ディパーテッド」がどうして受賞するのかさっぱりわからないな。

 
2006年(第79回)アカデミー賞
作品賞ノミネート
助演男優賞受賞(アラン・アーキン)
助演女優賞ノミネート(アビゲイル・ブレスリン)
脚本賞受賞

 
リトル・ミス・サンシャイン [DVD]

リトル・ミス・サンシャイン [DVD]
(500)日のサマー [DVD] ギルバート・グレイプ [DVD] ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション [DVD] リトル・ミス・サンシャイン (名作映画完全セリフ集―スクリーンプレイ・シリーズ) 俺たちは天使じゃない [DVD]
by G-Tools