転生

転生

貫井徳郎「転生」を読んだ。

非常に、非常に、東野圭吾「変身」に似てた。切り口はちょっと違うし後半の展開も違うが、それにしても似てると思った。

そんなわけで感想は東野圭吾「変身」と同じようなもんです。
いずれにしてもテレビドラマ向けで(はじめっからそれを狙ってるんじゃないかとさえ思えた)、読書したという気分になるわけではなかった。

新幹線に乗るときとか、そういうときに読むのはいいかもですね。じっくり寝室で酒を飲みながら読むような本ではないと思う。

関連記事

崩れる 貫井徳郎「崩れる」を読んだ。 夫婦をモチーフに短編集。 なんかしらの心の機微とか、すれ違いとか、崩壊とか。 実に「世にも奇妙な物語」っぽい...
殺人の門 東野圭吾「殺人の門」を読んだ。 うーん微妙。 最初、「白夜行」とかのサイドストーリーものか!?と期待した。 関係なかった。 なんか救いがない...
修羅の終わり 貫井徳郎「修羅の終わり」を読んだ。 分厚い本だったな、永遠に読み終わらないんじゃないかと思った。 たしかな読み応え。 3つの物語が進むこと...
プリズム 貫井徳郎「プリズム」を読んだ。 好きか嫌いか、はっきりわかれると思う。 そういう作品であることは間違いない。 俺は、こういうのはありだと思...
光と影の誘惑 貫井徳郎「光と影の誘惑」を読んだ。 中篇4つ。あんまり重くない文体でさらっと読める。 俗っぽい内容で、火サスみたいなクオリティという気がしないで...
神のふたつの貌 貫井徳郎「神のふたつの貌」を読んだ。 三章構成。大仕掛けが施されている。(でもかなり最初の段階で気づいてしまった) テーマはかなり意欲的だった。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です