転生

転生

貫井徳郎「転生」を読んだ。

非常に、非常に、東野圭吾「変身」に似てた。切り口はちょっと違うし後半の展開も違うが、それにしても似てると思った。

そんなわけで感想は東野圭吾「変身」と同じようなもんです。
いずれにしてもテレビドラマ向けで(はじめっからそれを狙ってるんじゃないかとさえ思えた)、読書したという気分になるわけではなかった。

新幹線に乗るときとか、そういうときに読むのはいいかもですね。じっくり寝室で酒を飲みながら読むような本ではないと思う。

関連記事

闇に香るもの 北方謙三選「闇に香るもの」を読んだ。 今となっては随分と前、アパート探しに不動産屋をまわっていたとき、移動時間に何か読むもの・・・と、本屋で適当に...
被害者は誰? 貫井徳郎「被害者は誰?」を読んだ。 短編集。ストーリーを楽しむのではなくミステリークイズみたいな様相を呈しているので、本を読んでいるって気分にならんか...
宿命 東野圭吾「宿命」を読んだ。 さっさと読めたねえ。 確かに「宿命」だった。それは無茶だろうという結末だった。面白かったかというと、そうでもなかった...
使命と魂のリミット 東野圭吾「使命と魂のリミット」を読んだ。 普通…かなあ。 そんなに面白いってわけでもなかった。(なんか乱歩賞の作品を読んでるようだった) ...
分身 東野圭吾「分身」を読んだ。 なんか途中からは、だーっと読んだが、やはり満足できなかった。 「あーこれは、驚きの結末とかは、無いだろうな」とわかっ...
殺人の門 東野圭吾「殺人の門」を読んだ。 うーん微妙。 最初、「白夜行」とかのサイドストーリーものか!?と期待した。 関係なかった。 なんか救いがない...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です